この特集について
ボートレース特集 > 選手紹介!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

選手紹介!

SANY0186  SGレースの開幕を告げる、みんな大好き選手紹介。夏休みもあと2日残っているということで、お子様連れのファンがいっぱいおりました。ちなみに若松競艇場、先ほど紹介したUFOキャッチャー以外にも、子供が遊べるメリーゴーランドやミニプールまで今回場内に作ってしまいました。子供連れでも、みんなドンドン遊んで帰ってちょうだい。
 さて、選手紹介開始! 幕が降りると選手全員がアロハで勢揃いしている、最近の定番でスタートだ。おおっ、ドリーム出場選手だけは柄がハデで目立っておりますな。
 挨拶の先陣を切ったのは今節の選手班長である大ベテラン・原田順一。「37年、選手をやってきまして、若松からご褒美をもらいました。頑張るけん」。若松競艇場からの推薦で出場した原田さん、レースも1R1号艇から先陣を切ったが6着……。頑張れ順ちゃん!
SANY0187 「来る前にたっぷりマイナスイオンを浴びてきました。頑張ります!」。桐生からの推薦でやってきた秋山直之。今年のSGでは下の着順ばかり……。マイナスイオンパワーで今節逆襲なるか!?
「今節は“荷物”が多いですが……」。戸田推薦の中澤和志。“荷物”と言っても「着替えが多い」とかではございません。「事故点が多い」ということで、F2の中澤、はたしてどう出る?
「若松にはいい思い出があります!」。浜名湖から参戦の菊地孝平は、5月の若松周年の覇者。地元ファンももちろん覚えていて大きな拍手が起こっておりました。
「若松はいつも悪くて……」。おおっと、対照的なコメントは蒲郡・仲口博崇。今年はすでにSG2優出。ここで悲願の優勝を果たして、いい思い出化したいところだ。
「今節は(びわこ推薦)中村有裕の応援に来ました。有裕がんばれ!」。自分の地元・びわこから推薦をもらった中村を応援しているのは……守田俊介! おいおい、“俊介は息子”とまで言う、H記者が泣いているぞ!
SANY0210 「シライシタケシでーす!」。甲高い声で自己紹介した“シラケン”こと、若松推薦の白石健が今回の元気大賞に決定!
「おおーっす! 元気ないなあ、おおーっす!!」。ドリフのように登場したのは、若松推薦の烏野賢太。このあとはいつもの「グレートだぜ!」でファンも喜んでおりました。
「応援よろしくお願いします!」→「西島先輩にアロハ姿が“ちんどん屋”みたいと言われました。悪い先輩です(笑)」→「今節こそ!」。植木通彦、日高逸子、瓜生正義の地元3人が続いて登場し、だんだんと声援がヒートアップ。最後の瓜生には大歓声が降り注いだ。暖かい若松のファンでありました。
SANY0236  大トリは前年度覇者・今垣光太郎の登場で選手紹介は無事終了……かと思いきや、最後の最後に大物が(選手じゃないけど)!
ファンからの「頑張れよ!」の声に、「頑張るぞ!」とステージで応えたのは、すっかりおなじみの蔭山幸夫会長でした。 (松本)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント