この特集について
ボートレース特集 > 選手並み!?モーター整備講習会
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

選手並み!?モーター整備講習会

 97期生が卒業式を終え、家族と家路に付く準備などをしているころ、我々取材陣はやまと競艇学校からの“特別授業”を受けていた。毎回、SGのピットで「今垣光太郎がやはり整備室にこもりっきりで……」などと伝えつつも、選手が手にしたギアケースやピストンに対して、実際にはどういう整備をしているのかとんと解らないモーター整備。「取材陣もモーターの整備を理解して、選手と話せるようになってもらえれば」という全モ連の狙いから、プロの整備士さんによるモーター整備講座が行われたのである。
 講師は(株)栄和(宮島競艇の運営会社)の1級整備士・上坂勝利さん。97期の整備の授業にも招聘されている方で、つまりは97期のモーター整備の頭脳を我々も共有(?)することになったのである。
 
DSC01391 ←“三ツ割”を始める上坂整備士

 1機のモーターを前に「解らないことや疑問があったらドンドン口を挟んでください」と言いつつ、手際よくエンジンからある部品を取り外した上坂さん。今回の講座のメインと位置付けられていたクランクシャフトの入ったボディである。クランクシャフトはピストンが取り付くモーターの命(現場では“背骨”と呼ばれている)ともいえる部品で、この部分を整備する“三ツ割”は「あまり見る機会がないです。私も学校時代に1度見ただけ」(全モ連広報・大野さん)という貴重なものなのだ。

DSC01394 ←この部品がクランクシャフト。モーターの“背骨”である

 上坂さんはクランクシャフトの周りにあるひとつひとつの部品の取り外し方から、整備後のバランスのいいネジの締め方まで懇切丁寧に辿りつつ、クランクシャフトに取り付けるピストン上端の高さを「57.46ミリから57.48ミリ、多くの選手はそうなるように調整をします。出ているモーターはだいたいこう調整されていますね」と教えてくれる……のだが、日頃から「リング交換か、なるほど」程度の認識しかない我々取材陣の多くは、100分の2ミリまで調整する整備の細かさが解った以外は、そのあまりにも本格的な内容を把握できずに目を白黒。「なにかあったら口を出してくださいよ(笑)」と繰り返す上坂さんだったが、質問や疑問も浮かばないまま“三ツ割”は終了。実は予定時間のほとんどはこの“三ツ割”に費やされるはずだったが、予想外にあっさりと終わってしまったので、モーターを上から順にバラして、全体の整備に対する講座も追加されたのだった。
 ピストンやピストンリング、スリーブ(シリンダーブロック)など、交換が発表される主要部品から、燃料が噴射されるリードバルブ、プロペラを回すギアケースなどの細かい部品まで、ひとつひとつを取り外して、役割や整備、調整の方法が解説される。聞き慣れた部品ばかりなので、“三ツ割”よりは解りやすい(気がしている)ものの、ミリ単位の調整の仕方などの内容はやはり目を白黒……だったが、モーター全体の調整で重要な点は垣間見えた。自然吸気モーターである競艇のモーターで重要なのは「吸気と排気がいかにスムーズにいくか」(上坂さん)。そのため、モーター内部の調整は、空気の通り道の障害を減らしていく作業となるのだ。

DSC01417←青い膜のような部品がガスケット。空気孔が開いているのが見える

 部品の内部にススが付いている、部品同士の接合部のバランスが悪い……など数ミリの変化でも、その部分が抵抗になって空気の流れが悪くなるから洗浄するし、接合し直す。たとえば、スリーブとモーターの本体部分の接合部にガスケットという膜のような部品があるが、そこに開いている空気孔が数ミリでもズレないように(しかも部品の熱膨張を頭に入れた上で)調整する。気の遠くなるような作業だが、今垣が特に前検日に長時間モーター整備しているのは、どうやらこの“吸気と排気”の調整のためであり、ほぼモーターを出してくるのも納得の話である。

DSC01419←チルト角度の調整中。中央のバーを前後させて角度を決める

 この全体の講義中、取材陣がもっとも盛り上がったのはチルト。ご存じの通り、ボートとモーターの取り付け(角度)のことだが、実際にモーターのどこを動かして調整するのかを見たのは初めてだった人も多いようで、みな熱心にのぞき込んでおり、「みなさんはチルトに関しては関心が高いですねえ(笑)」と上坂さんも驚いていた。なおチルト角度はマイナスが出足型、プラスが伸び型と思われているが、各場の水面特徴によって一概に言えないらしい。「宮島ではマイナス0.5度が普通」と上坂さんが言うように、多くの選手が取り付けている角度を基準と考えるのが間違いないようである。

  整備士として、この要領でやれば必ずモーターは出る!と考えつつも、実際には出ないモーターもある。その点のジレンマもあるだろう上坂さんだが「誇りを持ってやっております。モーターで解らないことがあったら、宮島におりますのでぜひ聞いてください」との挨拶で“特別授業”は幕となった。
 今後、取材班が宮島に行った際には、ぜひとも再登場いただきたいものです。ありがとうございました!(松本伸也)

                 DSC01400 今回の講師・上坂勝利さん。宮島競艇場の1級整備士で、97期も指導されている


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/6324082
「マニアック」競艇ものしり講座? 【ささぴーのこんなんで「うぇ!?」ブログ】
Sports@niftyの競艇ページ見てて、やまと競艇学校での取材陣向けモーター講習なんて記事があったんで読んじゃいました。 しかし、うらやましいですねぇ〜。やっぱ、メディア向けって感じでしょうか。 最近ではファン向けで競艇のモーター講習会とかやってますよね。 以...... 続きを読む
受信: 2005/10/14 0:01:09
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません