この特集について
ボートレース特集 > 選手食堂に潜入!!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

選手食堂に潜入!!

SANY0475  津競艇の選手食堂に潜入しちゃいました。選手食堂。文字通り、選手たちがレースの合間に立ち寄る食堂です。もちろん全国24場のすべてにあって、そのメニューは各場によってまちまち。選手たちは「あの場は当たり、あそこははずれ」などと密かに話しているとか。中道善博大先輩にお聞きしてみると……。
「うんうん、美味いのは浜名湖やね。あそこのカツ煮とポークチョップは絶品やわ。それから尼崎のかす汁、大村のチャンポンもええ。それから唐津はメニューがたくさんあって楽しめるし、ああ、それから徳山も……」
 もう止まらない止まらない。選手たちにとっては、戦場に建てられた束の間の安息所なのでしょうね。
SANY0473  では、いざ出陣。津の選手食堂はピットのはずれにひっそりと建てられていて、「隠れ家」といったイメージ。中に入ってみると、森秋光選手がいそいそとカレーラーメンを食べています。今節最後のレースを終えて、くつろぎながらのランチタイム。とりあえず、減量の苦しみからも開放されたわけです。
 壁に貼られたメニューは、カツ丼、カレーライスなど定番モノがずらり。250円~500円くらいで、「定食」と書かれたメニューも500円。
「今日の定食は、うな丼ですよ~」
 と割烹着のお姉さん。うな丼が500円!? 全モ連の広報・渡辺さんが注文したので写真をパチリ。

SANY0474  ご覧のとおり、うな丼にサラダと奴(この小鉢はコロッケや野菜炒めなどに変更できます)、味噌汁などが付いて、かな~りのボリュームです。
「まあ、SGのときの選手たちってこんな栄養たっぷりのメニューはほとんど食べないですね。特に初日、2日目あたりは減量に専念する選手が多いので、何も食べないかサラダだけとか、そんな程度なんです」
 割烹着のお姉さんに選手の人気メニューを聞くと「カレーライスとかカレーラーメンとか、軽いものが多いわね~」とのこと。減量の苦労が偲ばれます。

SANY0477  ホール内を物色すると、さすが内輪の食堂らしく嬉しいサービスが山積み。オカカ入りのおむすびやトースト(焼くのはセルフ)、ジャム、ゆで卵などが食べ放題。バナナもひと房ポンと置いてあって、もぎり放題です。どの料理にも必ず野菜たっぷりのサラダが付いて、選手への心遣いが感じられます。
 あれこれ感心しているうちに、笠原選手や魚谷選手などレースを終えた選手たちが続々登場。ソバやらサンドウィッチやら、思い思いのメニューを頬張っています。ではでは私も。森選手が食べていたカレーラーメンに興味があったので、これをば注文。

SANY0479  で、この写真をご覧ください。ラーメンと名は付いていますが汁は一滴たりとも入っておらず、茹でた麺にたっぷりとカレールーをかけただけ。むしろ、カレー焼きそばという風情です。ここにラッキョ、福神漬、カッパのキューちゃんなどのトッピングを入れ、おむすびとゆで卵を頂戴してかな~り贅沢なランチの出来上がり。この時間を楽しみに朝飯を抜いていたせいもあって、とても美味しくいただきました。割烹着のお姉さま、どうもご馳走さんでしたっ!(畠山)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません