この特集について
ボートレース特集 > 「本気出せばこんなものです」by信一郎~優出選手インタビュー~
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

「本気出せばこんなものです」by信一郎~優出選手インタビュー~

 さあ、津ダービーもいよいよ最終日。最終日にはお楽しみの選手登場イベント、しかもダービー王の権利がある6選手が登場する「優勝戦出場選手インタビュー」だけに、開会式に負けない超大観衆がツッキードームに詰めかけた。

1・太田和美、2・山本浩次、3・烏野賢太、4・田中信一郎、5・瓜生正義、6・江口晃生

 優勝戦の大舞台を何度も経験している6選手だけに、みな一様にリラックスしていたが、インタビューは田中信一郎のワンマンショー。「気合い、入ってますね!」という司会の荻野アナウンサーに「気合いではなく、これは本気ですね。本気出せばこんなものです。楽勝です」と淡々と返し、お客さんは大歓声&大爆笑。その後も「まくって!」や「スタート決めてや!」という歓声に「いやいや、そんなに伸びませんのでまくりはどうでしょう。ですからコースもスローのつもりです。スタートはなかなか行けませんね。大金が動いてますし、気が小さいですから。ええ、安全に行きます」と掛け合い漫才のようなやりとりを見せる。そして最後は「勝つつもりでいきます」と宣言して、今日最大の歓声を浴びておりました。次回SG・競艇王チャレンジカップは(無事故完走で出場が当確)賞金王決定戦連覇へ向けての勝負駆けとなる田中信一郎、これは要注目ですな
 ちなみにコース取りは5号艇の瓜生までは枠なりの雰囲気でしたが……6号艇の江口が「動いてもセンターまで。ダッシュもスローもありえる」とコメント。さて、センター勢に波乱はあるのか……?

 52代ダービー王が決まる注目の大一番、優勝戦は16時25分締め切り!

DSC01643 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません