この特集について
ボートレース特集 > 勝負駆けの朝は淡々と――4日目、前半のピット
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

勝負駆けの朝は淡々と――4日目、前半のピット

   勝負駆けの朝。午前中から着条件を抱えた選手たちの苛酷なレースが組まれているが、ピットの様子はそれほどピリピリもしていない。まずは足を上向かせなければ、との思いが強いのだろう。試運転、ペラ調整。各選手は淡々と、それぞれの作業に集中している。

SANY0275  昨日の12Rで沈没の中村有裕から。一晩を越えて痛いところが出た様子はなく、元気に調整を進めている。試運転ピットでモーターをチェックしていると、長嶺豊さんが「ユーユー!」と声をかけた。「体は大丈夫か?」「はい、大丈夫です」長嶺さんは満足そうにうなずいた。「足落ちはないか?」。昨日までの使用ボートには穴が2つも空いてしまったため、今日からボート交換。ボートとモーターのマッチングに問題が生じることだってあるだろう。しかし中村の答えは「それも大丈夫です」。肉体的にも問題なし、足色にも気配落ちはなし。「まだチャンスあるもんな!」と長嶺さんが励ますと、中村は力強くうなずいた。6Rは2着。後半11Rは2着以上で予選突破だ。昨日の悪い流れを断ち切って、気合の走りを見せてくれ!

SANY0296  一方、昨日に続いて整備室にこもっていたのが濱野谷憲吾。ギアケースを懸命に調整していた。昨日の時点で予選18位とはいえ、ボーダー6・00とすれば今日は2着条件。厳しい戦いには変わりはない。ギアケースをボートにつけると、試運転に向かった濱野谷だが、正直のところ表情が明るいとはいえない。後半7R、乾坤一擲の走りが見られるだろうか。
 もう一人、笠原亮がモーターを整備中で、表情は濱野谷以上に深刻だ。まったく噴いてくれない今節の相棒47号機。今日ピンピンならわずかながら予選突破のチャンスがないわけではなかったが……。1回目、5Rには間に合わなかったようだ。深インから惨敗。熱心に整備を続けていただけに、頑張ってほしかったのだが……残念。

SANY0306  4R、井口佳典が勝負駆けに成功した。4着条件で4着。辛うじて、という感じではあるが、ひとまずホッと一息だろう。ただ、昨日の1着のときと同様に、井口はまったく浮かれた様子がない。4着という結果を悔やんでいるのか、それとも次なる戦いにすでに目を向けているのか、それはなんとも言えないけれども、キリリとした表情を崩さない。同期の田村隆信が祝福の声をかけたときも、田村に視線を向けて軽くうなずいただけだった。井口はこれがSG2節目。準優進出となれば、浅いキャリアのなかでは健闘と言えるはず。しかし、井口の力強い表情を見ていると、すでにSGを何十節も経験し、予選突破など当たり前の選手のように錯覚してしまう。それほど、井口の振る舞いはSG2節目の若手に見えないのだ。地元SGにただ一人参戦することへの責任感もあるのだろうが、ともかく井口のたたずまいには唸らざるをえない。

SANY0303  ミスター不動心といえば、山本浩次。今節も、やっぱり淡々としている。ピットを歩くときもゆっくりしたリズム。いつもの山本浩次が、今節も見られている。モーターのほうはかなり強力、成績も悪くなく、今日は2走8点で準優に届く。11Rは1号艇だから、まず大丈夫だろう。ただ、表情はやっぱり淡々。まったく変わらない。足がいいとか悪いとか、彼のたたずまいからはまったくわからない。今日の勝負駆けも、きっと淡々とこなしていくだろう。

SANY0294  似たようなかたちで印象に残ったのは、田村隆信。1Rで2着を取ったものの、すでに準優進出は絶望的だ。それでも、ピットでの様子はその若さが信じられないほどの風格をたたえている。黙々と作業をするときのピリッとした顔つき、仲間と話すときの柔和な顔つき、そのいずれもスターのそれだ。今節はやや機力的に苦しいようだが、いい意味で、そんな様子を感じさせないだけの落ち着いた雰囲気が田村にはある。右の写真を撮るために声をかけたときのハキハキとした礼儀正しさは、たしかに若手らしい振る舞いなのだが。だからこそ、末恐ろしさがこの男にはある、ということなのだろう。

SANY0292 さて、昨夜遅くに津に現われたH記者に3日間の関わりをしつこく話さずにはおれず、うんざりされるほど気になる山崎智也。今日もまた声をかけて、写真を撮ってしまいました。モーターのチェックをしていたのを中断して、立ち上がってカメラを見てくれた智也。お礼を言うと、今日もニッコリだ。うむ、痺れます。準優当確、足にも不安はないということで、実に落ち着いて作業をしているのだが、いい感じで肩の力が抜けていて、大仕事の予感がミリミリミリと立ち上ってくる風情。今日も緩めるわけないし、舟券的にもおおいに気にしておかなきゃいけないでしょうなあ。(黒須田守)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません