この特集について
ボートレース特集 > 初日のお楽しみ、開会式!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

初日のお楽しみ、開会式!

SANY1090  津競艇場の周辺にやってくると、ひときわ目立つ銀色のドーム。その正体は3階までぶち抜きの立派なイベントホール“ツッキードーム”。3年ぶりに津にやってきたSGの舞台、それを待ちかまえていた大勢のファンが、そのぶち抜き部分に据えられた椅子を埋め尽くし、さらには通路も立錐の余地がないほど詰めかけた。そう、今日はお楽しみの開会式!

 登録番号の若い順、イケメンの中野次郎に若きSG覇者・田村隆信と黄色い声援が飛び交う中で、いちばん最初の盛り上がりはやっぱり井口佳典! 「真弓、頑張るぞ!」おお、昨日は競艇場まで送ってくれた奥様、新田真弓選手ですね。奥さんと地元ファンのみなさんのためにも、唯一の地元、頑張ってください。おじさん連中も声を張り上げて声援を送ってましたぞ。
「F2ですが……」7月のオーシャンカップでも同じ状況をネタにしていた中澤和志。「田頭さんを目標に頑張ります!」。先の若松GⅠでF3ながら優勝した田頭実ですね。F3に比べればF2なんて軽い軽い! の気持ちで好スタートを期待します。ちなみにその田頭は「これでしばらくSGも出られないので楽しんで走ります」。仮にここを優勝したら……あらら6000万円台。うーん、賞金王も厳しい……が、なんたって史上初のF3でGⅠ(SGも)優勝者。きっと侮れません。
SANY1060 「千葉ロッテの勢いに乗って走ります」。総理杯の三角哲男を端緒に、今年の千葉はロッテネタ続き。31年ぶりのリーグ優勝達成で、石渡鉄兵も乗りに乗って……のはずが、乗りすぎて2RでF。現在日本シリーズ中の本家・千葉ロッテの急停車が心配です。
「繁野谷くん、ペラ教えて!」。前回、繁野谷圭介で優勝したモーター19号を手にしている市川哲也。エンジンは出ているように見えますが……あ、抽選後に出ていた“困った笑顔”はペラのせい!?
「今回は女子ひとりですが、厚子と一緒に走ります」。ここ津競艇場の事故で亡くなった木村厚子選手の名前を挙げた日高逸子には、前に座るおじさんが感動して拍手しておりました。残念ながらFを切ってしまいましたが、最後まで頑張ってください。
「今回が52回(ダービー)。これまで切ったフライングが52本。なにか縁があるような、ないような」。F2でもバシバシスタートを決めまくる西島義則。目標の賞金王獲得のためにも、縁のありそうな52回ダービーでも、縦横無尽の走りを見せてくれそうだ。

SANY1080 ←「ベストを尽くします」の服部には野太い声援が。

 今回も“黄色い声援ランキング”は山崎智也、濱野谷憲吾、今垣光太郎がビッグスリーで、“野太い声援ランキング”は上瀧和則、植木通彦のいつもの二人に服部幸男が加わって開会式は幕……いや、最近は選手並に声援を浴びるこの人を忘れてはならなかった。選手に続いて登場した蔭山幸夫会長。「みなさん、おはよう!」という元気な挨拶に、お客さんはみなニコニコでありました。(松本伸也)

SANY1097


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません