この特集について
ボートレース特集 > 穏やかな気合――3日目、前半のピット
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

穏やかな気合――3日目、前半のピット

 決して静かなピットというわけではないが、少し落ち着きが出てきた、3日目前半。のんびりとしている選手は一人もおらず、みな懸命な調整を続けているが、空気は初日2日目に比べて穏やかなように思える。
SANY0201 明日の勝負駆けに向けて、今日は大事な戦い。その準備を万全に整えるべく、選手たちは気合を高める。パワーアップをはかるというよりは、ここまで練り上げてきた足色を確かなものとする、という意味合いが、各選手の動きに強いように思える。だからだろう、整備室はもはや閑散とし、ペラ場か試運転ピットに多くの選手の姿を見かける。熱心に試運転を繰り返しているのは、烏野賢太、川崎智幸、倉谷和信、田中信一郎、服部幸男、田村隆信といったあたり。田中はオール2着と好ポジションにつけてはいるが、1着が出なければ満足などできない、ということか。右の写真をお願いした際も、「え、いや、ちょっと……ま、いいか」とちょっと困ったような表情になって、撮影が終わると駆け足で試運転ピットに向かった。田中選手、忙しいところを呼び止めてしまい、すみませんでした。

SANY0186  閑散としていた整備室……しかし、いました、いました、今垣光太郎。いったん整備を始めれば、どんな時でも整備室にいるのが当然。もはやそんな印象を持たざるをえない。今節は必死の整備を続ける高橋勲も、今垣と並ぶようにモーターをいじっている。2人は、2レースが終わる頃にはいったん整備を終え、ボートに装着して試運転に出て行った。整備の成果は出ただろうか。
 入れ替わるように、整備室にやって来たのが植木通彦だ。大がかりな整備をしているわけでもなく、気になる部分の点検といった感じ。表情に切羽詰ったところもなかったから、深刻な事態というわけではないのだろう。後半10Rに向けて、足を煮詰めていく段階だろうか。雰囲気は非常にいいように感じた。

SANY0200  1R、瓜生正義に1着が出た。今節も非常ににこやかではあるが、成績が冴えないからか、もうひとつ笑顔に力がないように見えた瓜生。この勝利は大きかったか、やっと本来のスマイリー・キッド瓜生を見られたように思う。とはいえ、まだまだ気は抜けない。3走13点は安心できるポイントではなく、巻き返しのきっかけを1Rで掴んだ、ということに過ぎない。瓜生は勝利者インタビューから走ってピットに戻り、ボートに直行。5Rの出走に向けて、テキパキと作業を始めた。その表情を見ていたら、一発ぶちかますのでは、と思えたが……その通り! 4コースから見事なマクリ差しで連勝だ! 4走23点、完全にメドは立った。今日は瓜生スマイルデーだ。

SANY0196  2Rでは、地元の井口佳典もついに1着を取った。まさに待望の勝利。井口もホッとしただろう。出迎えた菊地孝平が声をかけると、井口は親指をグッと立てた。満足そうにうなずく菊地。笠原亮も、それを見てニッコリ笑った。とはいえ、ヘルメットを脱いだ井口自身は、決して満面の笑みというわけではなかった。むしろ、グッと引き締まった顔だ。4走で26点。予選6回走りだから、ノルマまであと10点。悪い成績ではないはずで、初勝利をもっともっと喜んでもいいはずなのに、井口は浮かれようとはしないのだ。後半は11Rに登場、6号艇は不利だが、この気合があれば十分上位を狙える。

SANY0210  さて、昨日少しだけだが接触をもち、その余韻が気分良く残るほど気になる山崎智也。前半は、ペラ場にこもっていたようだ。関東地区の選手のボート引き上げに出てくる以外は、姿をほとんど見かけることがなかったが、3Rで矢後剛のボートを片付けた後は、ペラ場にスタスタと戻っていった。表情はいつにも増して真剣だったが……。(黒須田守)→写真は、まさにペラ場に戻ろうとする智也選手です(右の後姿です)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【津ッキー】井口今節初勝利、そして優勝おめでとう!【白い靴下】 【ラリーズクラブ】
88年ぶりのワールドシリーズ制覇を果たしたホワイトソックスの井口資仁。 その井口がワ−ルドチャンピオンになる数時間前、津SG全日本選手権の主役井口佳典が「今日が勝負と決めていた」その勝負レースにしてSG初優出初優勝へ目途を付ける壮行レースだった1号艇の2Rが行われ...... 続きを読む
受信: 2005/10/28 0:16:11
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません