この特集について
ボートレース特集 > 賞金王だ!開会式だ!!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

賞金王だ!開会式だ!!

DSC00115  ファンも出場選手も待ちに待った住之江賞金王決定戦。いよいよ今日、シリーズ戦からスタートするが、その幕開けを告げるのはもちろん開会式! 鮮やかなライティングから始まったその内容は、やっぱり1年の総決算に相応しいきらびやかなもの。会場の中央ホールに詰めかけたお客さんのボルテージも上がりっぱなしだ!

 すでにシリーズ出場の48選手が揃うステージ上に、賞金順位12位の瓜生正義から、自ら選曲したテーマ曲に乗って賞金王戦士たちが登場してくる。タキシード姿で両脇には美女のエスコート付きだ。『ルパン3世』のテーマに乗って登場は上瀧和則。おお、タキシードがよく似合っている上瀧に、住之江のお客さんからも大歓声が上がっているぞ。似合うといえばさすがの山崎智也もピシッとはまっていて、こちらにはやっぱり黄色い歓声だ。トリに登場の植木通彦には、歓声というより大拍手。これには現在賞金トップの艇王に対する敬意が感じられます。しかし、登場にいちばんの声援を浴びたのは、唯一の地元・太田和美。三国での大ケガが報じられたが、元気そうな姿に地元ファンも一安心。「頑張れ、太田!」の声が飛び交いました。

 賞金王戦士の入場に続いては、シリーズ戦出場選手がファンに挨拶。賞金王決定戦へ進めなかった悔しさは当然あるだろうが、目の前の戦いへ向けて突き進んでいる選手たち。服部幸男の「ベストを尽くします!」にはいつもの気合いが宿り、「寒いですねぇ」(瀬尾達也)、「芦屋では2連対もできませんでした。こんどこそはして帰……れるかなあ?」(野長瀬正孝)、「トシなので立ち疲れました(笑)」(森竜也)、など、ベテランの味のあるコメントにはファンもしっかりウケており、選手、ファンともシリーズ戦の盛り上がりは必至。
 そんな中、シリーズ出場選手中で屈指の大歓声を浴びていたのは田中信一郎。昨年の賞金王がここはシリーズ戦……挨拶前に行われた“黄金のヘルメット返還式”では笑顔を見せていた信一郎だったが、悔しくないはずがない。「優勝します!」に上がった「頑張れ!!」は、地元ファンのすべてが込められてるようでした。頑張れ信一郎!

DSC00116 挨拶を終えると一足先に去っていったシリーズ出場選手たち。最後となった川北浩貴が去ると、残されたのは主役の12人。いよいよ行われた12戦士の挨拶は、いつも以上に気合いや魂が込められていました。その12人、一挙紹介!
「ハリキって頑張ります!」。賞金順位12位は瓜生正義。シンプルな挨拶ですが、ここにいつもと変わらず、綺麗なレースで勝ち上がってくる瓜生の姿が浮かんできます。“優しき天才”、やってくれそうです。
「昨日より今日、今日より明日。まだまだ“勝ち”の道のりの途中です」。11位は辻栄蔵。3年連続3回目のの賞金王戦士は、まだまだ進化し続けることでしょう。いつもの元気印で賞金王の道のりを辿ってください。
「走れることがこんなに幸せとは…………」10位は山本浩次。“ミスター不動心”が感極まっていた姿、ファンも取材班も忘れません。そしてレースで見せる不動心は、倍加していることでしょう。
「賞金王、獲って帰ります。よろしく!」。9位、上瀧和則。住之江の、全国のファンは昨年の逆転劇を忘れていません。ジョーのリベンジが始まります。
「技術も経験も、まだまだ足りません。しかし、失う物もありません。頑張ります!」。今年のシンデレラボーイ、8位の笠原亮。総理杯優勝後、すぐにびわこの記念をイワシた男、波に乗れば一気に行ってしまいます。行け、笠原!
「この舞台に戻ってこられました。勝利の女神様、そろそろ!」。7位、仲口博崇。いつSGを獲ってもおかしくない仲口。いつものように明るい挨拶でしたが、戴冠へ気合いもほとばしっていました。まさに最高の舞台に帰ってきました。
DSC00123 「大きい舞台ほど僕は燃えます。本気で勝ちに来ました!」。6位の菊地孝平。MB記念の優勝戦の日から、ドンドンと力強い印象が増してきています。まさに大舞台で燃える男、今回も大仕事をしてしまいそうです。
「……何とか、絶対に、優勝します!」。直前に大ケガを乗り越えてやってきました、5位の太田和美。ケガの具合は気になりますが、一度勝っているこの舞台、そして唯一の地元として、ファンの夢を背負って走ってくれることでしょう。
「いちばんの武器である気合いで走ります!」。今回の最ベテラン、4位は江口晃生。気合いの3カド、まくりきり!で掴んだ久々の地元SG、オーシャンカップ優勝、みんな覚えています。ベテラン気合い、今節も見せてください。
「今年、最高のレースにします!」。3位、濱野谷憲吾。GⅠの勝利を重ねた1年でしたが、SG未勝利では満足なはずありません。最高のレース、期待します!
「江口さんと黄金のヘルメットを獲りに来ました」。いつもの挨拶は2位の山崎智也。もちろんいちばん狙っているのは自分のはずです。ここいちばんで見せるシビレるターン、決定戦で見せてください。
DSC00128 「みなさんの期待にこたえられるよう、頑張ります!」そして賞金順位1位は植木通彦。どこでもファンの応援に感謝する姿、ファンは尊敬しております。笹川賞で復活を遂げた今年、前人未踏の賞金王4勝目で締めくくってください。

 12選手の挨拶、詰めかけた多くのファンの胸に響いておりました。みんな頑張れ! そんな余韻の残る開会式でありました。
 みんな頑張れ!(PHOTO&TEXT・松本伸也)

DSC00124


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【たこ焼き】玉者松井繁の大一番&賞金王決定戦選手紹介【大村】 【ラリーズクラブ】
【住之江SG賞金王決定戦選手紹介式+α】 前座メンバーが先に立って待たされる中、大阪府都市競艇組合代表寝屋川市馬場好弘市長によりますご挨拶の後、賞金王決定戦出場の12選手がタキシードスーツを着てBGMと共に入場。そして蔭山幸夫会長によるご挨拶「今年で20回目を迎え...... 続きを読む
受信: 2005/12/19 0:06:44
コメント

失礼なコメントで申し訳ないのですが、いつも同じ選手の写真掲載に、同じ選手へエールやコメント・・・。
出来ればもう少しだけでも平等に、選手に絡んで欲しいと思います。
ピットでは、選手の状態等で取材しやすい選手とそうでない選手といらっしゃると思いますが、開会式くらいは・・・。
自分の応援している選手はいつも載っておらず、@niftyさんには好かれていないのかな?と思ってしまいます。

勝手な意見ですみません。

投稿者: 匿名希望 (2005/12/18 12:40:02)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません