この特集について
ボートレース特集 > 新鋭王座、本日の水神祭・4日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

新鋭王座、本日の水神祭・4日目

SANY0680  今日は水神祭ラッシュ! まずは2R、加藤和明が4コースから差し抜けて1着。愛知勢を沸き立たせたのは既報の通りだ。6R後に行なわれた水神祭。愛知+笠原亮ら東海勢が駆けつけて、加藤をボート揚降機に拉致(?)したのだった。
 おっと、今回は、胴上げのように仰向けに担ぎ上げるワッショイ・スタイル! 水面が見えないから、これは非常に怖い投げられ方だ。せーの、でドボーン! SANY0685 加藤は空中で一回転して水面に突っ込んでいった。おぉっ、これはワッショイ・スタイル with ムーンサルト! 見物に来ていた長嶺豊さんが「ここは高いのぅ」と笑っていたが、水面までの高さがかなりあるからこそ実現した、幻のワッショイ・スタイル。ともあれ、加藤選手、岸に泳ぎ着いて、最高の笑顔を見せた。おめでとうございます!

SANY0726  続いて、林祐介。3Rで1着をあげたが、彼も2走目の7R後に水神祭。岡山の先輩、清水敦揮の「よしっ、水神祭だ!」の号令で、岡山勢や同期たちがボート揚降機に民族大移動だ。
 いよいよ水神祭開始……と思ったら、林は一人ポツンとリフトの上に立っている。?????? 先輩たちは、脇の階段を降りて、水際に向かっていった。??????
SANY0732 SANY0735

 すると、揚降機がゆっくりと下がっていって、あぁぁぁぁぁ、林が徐々に水に沈んでいく~~~~。こ、こ、こ、これは! まるで入水自殺を思わせるこの水神祭は、伝説のダザイ・スタイルではないか!!!!!! 水際の先輩たちは、徐々に沈んでいく林に向かって、全員でバンザーイ、バンザーイ、バンザーイ! 林もそれに合わせてバンザーイ、バンザーイ、バンザーイ! 揚降機の周辺は、見たこともない水神祭に、大爆笑であります。
SANY0737  首のあたりまで水に浸かった林が、ジワジワと浮上してくると、やっぱりこれで終わりじゃあね、とばかりに清水や、山本修一、妹尾忠幸、森定晃史らがリフトに飛び乗って、ワッショイ・スタイルでドッボーン! 林はもう一度、水の中に消えていったのでありました。
SANY0744  ケブラーズボンを履いたまま水神祭に臨んでいた林が、その重さでアップアップしているところを清水が救出、というおまけまでついて、儀式終了。最年少・林、君の記念ロードはまだまだこれから! ますます頑張ってください!

 今節参加選手で、GⅠ未勝利は西川新太郎、吉村正明、川上剛。残り2日でパーフェクト水神祭なるか。3人を応援してます!(黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません