この特集について
ボートレース特集 > 今年もよろしくお願いします
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

今年もよろしくお願いします

 あけましておめでとうございます。本年もSports@Nifty「競艇特集」をよろしくお願いいたします。

 SANY0654昨年の笹川賞からスタートしたSports@Nifty「競艇特集」。どこの馬の骨ともわからぬ3人が突如、取材許可とその発表の場を得て、ピットアウトしたわけであるが、実は我々取材班は、競艇取材が未経験だったわけではない。3人ともが、何らかの形でレースや競艇選手と触れ合ったことがあり、実はまったく同じメンバーで、2000年の平和島・賞金王において前検から優勝戦まで7日間、密着取材を敢行したこともある(形にはならなかったけれど)。また、広報活動の一環として年に一回ほど全モ連が企画するマスコミ見学会(やまと競艇学校や競艇場の施設を視察する)にもお招きいただいてもおり(ほとんど常連化してます・笑)、黒須田は別冊宝島『競艇ツケマイ読本』を企画・制作、畠山は同書のブレーン的存在であった。ようするに、我々はこれまでにも、頻繁にではなかったが、競艇との関わりがあったことになる。

SANY0528  しかし、一方で我々はどちらかといえば、競艇ファンであった。広い意味でのマスコミ業界に身を置く競艇愛好者。今年の春までの我々は、まさしくそういったものであった。僕(黒須田)は、多摩川・総理大臣杯の優勝戦を来賓席で見ているのだが、このときなど、知己の出版社の人間の誘いを大喜びで受け、ウキウキと多摩川まで出かけたものである。畠山は、仕事の件で携帯に電話すると、バックにはモーター音がとどろいている……なんてことが頻繁で、約束もしていないのに平和島の特観席でバッタリ出会うこともよくあった。松本もまあ似たようなものである。その頃から我々には競艇関係者に知人はたくさんいたけれども、いざ競艇場に向かうと単なる競艇好きであり、舟券オヤジ。まあ、このあたりの性質は本質的には今も変わっていないのであって、賞金王優勝戦翌日の尼崎に突撃した際には、ひたすら舟券を買いまくっていたものでした。

SANY0391  そんな我々が、こうして“Sports@Nifty「競艇特集」”という場を与えられ、関係者の多大なる協力もあって、昨年の笹川賞よりSGを中心に取材、即日レポートをスタートさせた。当初は何もかもが手探りで、実際に取材をしながら、競艇の現場にも、更新作業にも(何しろ、3人は紙媒体を仕事の場としているので、ネット媒体を管理するのも初めて)慣れていった感じである。現在も不慣れな部分は多々あるが、ともかく賞金王決定戦までの7SGを取材し、その様子を伝えてきた次第だ。
 その課程において、我々はさらに競艇が好きになっていった。ピットで選手たちの姿を見ては心が震え、レースを間近で観戦しては魂が揺さぶられる。そこにいるのがトップレーサーであり、そこにあるのが彼らによる最高レベルのレースであることも大きいだろうが、これまでとは競艇に触れる環境が若干変わっても、競艇が我々を裏切ることはなかった。ひたすらその魅力に快感を覚え、グイグイと競艇に引き込まれていった約半年間であったのだ。
 競艇って、面白い! 競艇って、素敵だ! 競艇って、素晴らしい!
 我々は全国各地で、そんな恍惚感に身を委ねてきたように思う。

SANY0314  おそらく、我々が伝えてきたことは、そういったものではなかったか、と思う。そして、大変幸せなことに、読者の皆様にたくさんの応援をいただいた。それが、1週間の長丁場取材を乗り切る、大きな支えになりました。ありがとうございます。
 もちろん見解の相違もあったはずだが、それでも無事に賞金王決定戦を終え、こうして新たな年を迎えられたのは、ひとえに我々の競艇への思いと皆様の競艇への思いが共鳴しあったたからだと信じている。そこに、熱が生まれたからだと確信している。我々は、その熱を冷ますことのないよう、今年も競艇選手の魂に触れ、レースの真髄を体感し、ここで伝えていく所存であります。
 今年は、1月24日に開幕する新鋭王座決定戦からの取材となります。もちろん、ビッグレースの間も、週に1~2度の更新をいたします。まだまだつたないところはございますが、本年もともに競艇を楽しみ、熱く盛り上がっていきましょう。
 では、これから初打ちに、平和島に行ってきまーす。(黒須田)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/7976004
コメント

この競艇blogが始まった事は画期的な事でしたねぇ。。。♪
毎回楽しく読ませて貰っております(^^
今年も頑張ってレポ宜しくお願いします!!

そして、今年も智也のレポ、充実させてください(^^

あと、阿波勝哉クンが残念な事にB1級陥落でSGには出場できないので、同じくチルト3度を自在にあやつる男・矢後剛さんのレポも、宜しくお願いします(^^

投稿者: レオス (2006/01/04 0:39:24)

今年も楽しみにしています。私は智也様と憲吾君幸哉君の大ファンです。ここのサイトは智也様の写真とかも多いので毎回記事拝見していてめちゃくちゃ☆・゚:*(´ω`*人)ぅ。れ。し。。。 です。大変でっしょうが頑張ってください。

投稿者: 美優 (2006/01/12 17:00:26)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません