この特集について
ボートレース特集 > 非日常――優勝戦、朝のピット
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

非日常――優勝戦、朝のピット

SANY0951  これぞビッグ優勝戦、といったところか。テレビカメラや報道陣が大量にピット入りしている。ふらふらと歩いていて、ふと振り向くと、やべっ、カメラに入っちゃうよ。と、小走りで移動すると、うがぁぁぁぁぁ、こっちにもカメラがーーっ。というわけで、身動きもとれずにジッとしていたわけですが、あぁぁぁ、あそこに岡部がいるよーーーっ。もーいいやっ。なぜか急に胸を張って、ピットを闊歩している私であります。ともかく、やはり非日常感あふれるピットは、非常に心地よかったりする。ま、優出選手たちは大忙しで大変そうなのですが。

SANY0977  この朝、最大の注目はやはり岡部大輔だった。昨日の夜、とある場所で数年前に現役を引退された、元選手の方(佐賀支部)と偶然出会った。もろもろの話に花が咲く中で、彼は「岡部には勝ってもらいたい!」と後輩(デビューの頃、操縦訓練を付けたことがあったそうです)の殊勲を祈る一方、「でも、初GⅠで初優勝(岡部は一般戦などを含めても優勝未経験)は、難しいんだよなあ……」と、そのプレッシャーの大きさと、克服の難しさを語っていた。そりゃそうだよなあ……僕らもその言葉に深く頷いていた。
 今朝の岡部は、プレッシャーとどう戦っているだろうか。最初の関心はそれしかない。僕はピットに入ると、まず岡部の姿を探したのだった。
 岡部は、ペラ調整室にいた。表情は、堅い。やっぱりか……。それが当然とはいえ、昨日よりもさらに大きな緊張感の中にいるように見える。ペラ室を出るとき、大きく息を吸い込み、頬をふくらませてから、一気にふぅぅぅぅぅぅと吐き出す。必死に平常心を取り戻そうとしている行動だろう。少し心配になった。
SANY0998  そんな岡部をほぐすのは、やはり佐賀勢であった。カメラマンさんの注文で、今節参加の6人が、展示待機場所のあたりに集合した。そこで会話の中心にいるのは、やはり岡部である。小野勇作が、森永淳が、三井所尊春が、中尾誠が、そして3Rの展示を終えた松江秀徳が、岡部に何事か話している。森永は、岡部の背中をポンポンと叩いて、さらに軽くローキックを見舞った。ニコニコとそれをガードする岡部。おおっ、岡部に笑顔が! いやいや、別に驚くことではないけれども、森永が引き出したそのスマイルは、とてつもなく艶やかに見えた。
 この後も、岡部は一人で過ごす時間の緊張、佐賀勢と過ごす時間の笑顔、これを繰り返して優勝戦を迎えるのだろう。優勝戦のピットアウトのとき、岡部はどのような気持ちでいるだろうか。

SANY0952  忙しそうに動いているのは、中野次郎。といっても、ジタバタしているという感じではなく、早い時間帯のうちに最終チェックを済ませておこう、ということだろう。堅くなっている様子もなく、ごくごく平静な表情で、ピット内を往復していた。報道陣につかまると、笑顔も見える。透明感、と昨日書いたが、その印象は今日もまったく変わらない。いい状態で午後を迎えることができそうである。

SANY0972  昨日とまったく変わらないのが、丸岡正典と井口佳典の85期コンビ。井口のほうは、徐々に最高の精神状態を作り上げようという様子もうかがえるが、丸岡は「ほんとに優出選手?」というくらいに、落ち着いている。なんだか、いぶし銀、という言葉が浮かんできたぞ。丸岡の年齢にはまるでふさわしくない表現だが、すでにベテラン並の風格があるのはたしか。ちょっと憧れてしまうなあ。

SANY0965  前野竜一は、今日もまた体重が減っている! 日々ダイエットを決意しては、ものの数時間で挫折している僕としては、尊敬の一言である。もちろん、これは新鋭王座に賭ける意気込みの発露。6号艇といえど、侮れない存在だ。同期の表憲一と談笑している姿を見かけたが、精神状態も非常にクリアな様子。展開を突く一発があるだろうか。

 中村有裕、ほとんど見かけません! ペラ室にも、整備室にもいない。もはや足は完調ということか? 新鋭王座を獲りにいくための、メンタル調整に入ったということなのか? 何にしても、優勝戦の朝からジタバタしていて、いいことなどない。大一番の迎え方を知っているユーユーだから、姿が見えないことが好材料と言えるはずである。午後のユーユー、会うのがとっても楽しみになってきた。

SANY0956  優出選手以外のお話も。ん? 石野貴之が検査員室からピット内を覗き込んでいる。そこには、地上波テレビのインタビューを受ける丸岡が。だはは、石野は丸岡を笑わせようとして、すぐ近くからじっと見つめていたのだ。というわけで、その石野を撮影しようと反対側に回って、パチリ。ん? だはは、こっちに目線をくれてますね。石野の立ち居振る舞いって、キュートです。

SANY0984  惜しいところで優出を逃した吉永則雄。でも、今日も陽気です。撮影のお願いをすると、「僕でいいんですか?」。いいに決まってるじゃないですか! 昨日のリベンジは、まず今日果たせ。優勝戦だけでなく、君のレースにも注目してるぞ!(黒須田守)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません