この特集について
ボートレース特集 > 女子王座、本日の水神祭――金田幸子編
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

女子王座、本日の水神祭――金田幸子編

SANY0252  金田幸子、水神祭!
 本日3R、4号艇で出走した金田は見事に1着。GⅠ初勝利であります。さらに! 後半8Rも3号艇から連勝! 一気に2勝の荒稼ぎ。ピンピンで初日を終えるという絶好のスタートも切り、女王の座まで視界にとらえてきた。若きマツセ、とでも言うべきパフォーマーでもある金田、今節はその走りもブレイクしそうである。

 その金田の水神祭が、11R終了後に行なわれた。8Rから間が開いたのは、同県の大将格である寺田千恵のレース終了を待って、ということ。ただ、12R前というのは、若手の金田にとっては、もろもろの片付け作業に追われている時間帯。寺田を中心に岡山勢が集まった頃、金田はピットの掃除をせっせ、せっせ。呼ばれて現われた金田は、ほうきとチリトリを手にしており、「なんでそんなもん持ってるんだ?」と、まずは笑いをとっておりました。
SANY0256  ほうきとチリトリを片付けた後、ボート揚降機に連れ込まれた金田は、仰向けのワッショイ・スタイルで担ぎ上げられて、せーの、ドッボーンッッ! 勢いよく水面に投げ込まれ、浜名湖のうなぎのように(?)優雅な泳ぎ(?)を見せたのでした。するとテラッチは、「2勝したから、もう1回やる?」と、手厚い祝福なのか、非情な提案なのか、よくわからん一言をボソリ。気温が下がってきた浜名湖、さすがにジョークのようでしたが、それでもきっと金田は嬉しかっただろうなあ。そのテラッチの拍手をきっかけにして、揚降機周辺にはパチパチパチパチ!と拍手の嵐が巻き起こり、今節最初のおめでたい儀式は終了したのでした。金田、おめでとう!

 今節は、あと6名、水神祭のチャンスがある選手が参戦しています。果たして全員が、喜びの寒中水泳を実現させることができるのか。あと5日間、追いかけていきます!(黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【カナダ】日本の強い女決定戦・JAL女子王座決定戦開幕【大池太夫】 【ラリーズクラブ】
今日は日本の強い女決定戦浜名湖G1企業杯JAL女子王座決定戦のメインイベントである選手紹介(特設サイトに動画あり)及び蔭山幸夫会長によるテンポの悪い長話や静岡支部最若手松瀬弘美による「アニョハセヨ」とハングルで始まり「よろしくおねがいしっ、ま〜す♪」と歌で締め...... 続きを読む
受信: 2006/03/01 0:08:37
コメント

livedoor側の障害で二重TBになってしまいました。申し訳ないです。

ほうきとチリトリを持ったカナダの様子を想像すると笑いがこみあげてきますね。

投稿者: ラリーズクラブ (2006/03/01 0:13:54)