この特集について
ボートレース特集 > みなビューティフル――初日、後半のピット
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

みなビューティフル――初日、後半のピット

SANY0198  レース後、ピットに現われた金田幸子。そこに、記者が殺到! どわわっと金田を取り囲んだ。カメラマンのシャッターが光りまくり、報道陣からは質問の矢が次々と飛ぶ。すわっ、金田に熱愛発覚!?……んなわきゃ、ありません。本日2連勝、素晴らしいスタートを切ったことにより、記者さんたちがコメントを取るために、集結したのでありました。それにしても、ここまで多くの報道陣が取り囲んでいるのは、ピットでは実に珍しいこと。それくらい、金田の2連勝は衝撃的だったわけである。俄然、注目度が高まった金田幸子。明日からも目が離せない。
SANY0200  で、なぜかその輪に加わっていたのが、横西奏恵と三松直美。しかも、金田の正面に立って、にやにやと見守っている。金田も、これほど多くの記者さんに取り囲まれた経験は初めてだろうから、さすがに神妙な顔つきなのだが、それをほぐしてあげようということなのだろうか。金田はまるで二人に気づいていないようでしたが。それにしても、横西も三松も、場にしっかり溶け込んでおりました。

SANY0207  その横西、9Rで4着に敗れた細川裕子を出迎えた。細川は、いったんは3等を確保しながら、3周2マークのターンミスで大瀧明日香に逆転された。ピットに戻ってくると、さすがに落胆の表情。そこに声をかけたのが、横西だったのだ。細川の肩をポンポンと叩きながら、笑顔で慰める横西。細川は、苦笑いを浮かべながら、そのたびにうなづいていた。悔しさをにじませる後輩を、優しくいたわる先輩。横西、惚れたぜ! 2006_0227__095 初日から舟券外しまくりの俺のことも慰めてくれ……というのはどうでもいいが、強い女は美しい、そして優しいのだと、横西を見ていて痛感した次第である。

SANY0195  午後になって、雨もぱらついた浜名湖。薄暗くなってきたピットに、いつまでもブインブインとエンジン音が響いていた。その主は、吉原美穂子、森脇まどか、中谷朋子。吉原と森脇はともに初日5着。足色に納得がいかず、遅くまで調整と試運転を繰り返していたわけだ。2006_0227__168 中谷は、2着3着と上々の発進ながら、さらなる上昇をはかったのか、それとも旋回練習も兼ねていたのか、吉原、森脇とともに延々と水面を走っていた。この努力、この思いが、明日は報われるかどうか。

2006_0227__076  早くも初日が出た選手たちは、さすがに表情が明るい。たとえば、高橋淳美。前半は4着に敗れたが、後半10Rで1着。まずまずの出だしとなり、勝利者インタビューから戻ってきたその顔には、充実感すらうかがえた。同じレースを戦った片岡恵里が、駆け寄って「ありがとうございました」と挨拶すると、軽くうなづいて、ニッコリ。その笑顔には、優しさとその奥の闘志がこめられていた。凛としていた。一言。まさしくクール・ビューティ。
2006_0227__135  永井聖美も、11Rの勝利に顔をほころばせていた。スタートを決めての一気のまくりは、まさしく爽快。レース後の笑顔もまた、爽快である。ピットを歩いている永井は、どちらかといえば淡々とした風情に見えるが、実はにこやかな表情でいることも多く、色白であることもあわせて、実に可憐。明日も水面に、透き通るような花を咲かせてもらいたいものである。

2006_0227__149  8Rでは残念ながら4着。しかし、明るさは変わりません、池千夏。カメラマン中尾氏が向けたレンズに、笑顔を見せる余裕もある。H記者が金メダル級と評したモーターに、着順以上の手応えを得ているということだろうか。女子選手のなかではキラリと光るスタート力があり、好脚であるのならば、常に脅威の的となる池。この笑顔を見ていると、陽気だからこその力強さを感じずにはいられないのだが。明日は、勝ってニッコリ、といきたいものですね。

 前半2Rで2着だった香川素子。しかし、10Rでは6着に敗れてしまった。もちろん、まだまだチャンスは十分にあるわけだが、やはり後半の不本意な成績は、午前中の記憶など上書きしてしまう。2006_0227__223 さすがに、表情が冴えない午後4時の香川であった。明日の巻き返しに期待します。ところで、ピットでの香川は「パチスロ部」と背中に書かれたジャージを着ている。しかも、今日は細川裕子がおそろいのジャージを着ていた。二人は地区も違うはずなのに、時空を超えて「パチスロ」が両者を結びつけたのでしょうか。私はパチスロに詳しくないので、明日以降、取材班のパチスロ王・H記者に取材を依頼、その真相に迫ります。パチスロ好きな方、ご注目ください。

2006_0227__181  さて、全国津々浦々の明日香ファンの皆様、本日の大瀧明日香プリティショットでございます。今は人妻になってしまった明日香でありますが、アイドル人気は健在。うむむむ、たしかに奥様とは思えませんなあ。ピットでは、むしろ健気に動き回っている、といった感じで、自分の作業の合間に、モーター架台の準備などをかいがいしく行なっている。そんな明日香も、ファンにはたまらないんでしょうなあ……。(PHOTO/SHIGEYUKI NAKAO=横西・単独、中谷、高橋、永井、池、香川、大瀧 それ以外=黒須田 TEXT/黒須田守)

2006_0227__177

 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
浜名湖初日の女神は金田幸子にキスをしました。 【競艇 blog AQUA BOO】
トルさんも大喜びではないでしょうか。 初日は金田タンの万舟だけ的中。 微妙にずれるんだよなぁ。 2Rなんて当たってるのに武藤のバカチンがヘッポコターンで抜かれるし。 ドリー 続きを読む
受信: 2006/02/28 22:13:35
コメント