この特集について
ボートレース特集 > ただいまお色直し中……?
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

ただいまお色直し中……?

 午前中の取材をするべくピットに到着したときのこと。横に長ーい浜名湖競艇場のいちばん奥に、なにやら巨大な白い物体がふたつ鎮座ましましている。「はて、なんじゃろか?」と近づいてみると、おお、真っ白に塗られている状態のターンマークではないですか!

DSC00125  こんにちわ、これは実際に使われているターンマークなんですかね?
「そうですよ。ターンマークはだいたい3節か4節で交換するんですが、その間にこうやって塗り直すんですね。もとの白地に赤の状態から、いちど真っ白に上塗りしたうえで、赤の蛍光塗料を塗ります。重ね塗りを続けていくとヒビ割れてきますから、そのときは削ぎ落として地肌に戻してからやりますね。いま水上にある物は、GⅠの大舞台ですから、今節下ろしたてですよ」
 なるほど。そうやって塗り直しているからこそ、いつ見ても薄汚れていることなく、綺麗な白と赤に見えるんですねえ。
「プロペラがぶつかったりすると大きな傷になってしまうんですよ。何事もなければ、繰り返し使って10年くらいは持つんですが、実際は7、8年というところでしょうか。まあ、ターンマークにペラがぶつかるということは、当然転覆の原因にもなるわけですから、選手もターンマークも無事でレースが終わってほしいですね」
 ターンマークの無事も祈っております! (PHOTO&TEXT/M記者)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません