この特集について
ボートレース特集 > 62歳の水神祭!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

62歳の水神祭!

競艇名人戦、万谷章、優勝! いやあ、感動的なレースでありました。そして、万谷選手、これが悲願の初GⅠ制覇! お初といえば、そう、水神祭であります!

_u4w0254 実は、共同会見では「水神祭は、やりません」と万谷選手、言っていたそうです。競艇場の職員さんも、万谷選手のお身体を心配されて、やめたほうがええやろ、とおっしゃっていました。岡山軍団の板谷茂樹選手も「だいぶ冷え込んできたし、厳しいだろうなあ」と。今日は水神祭ナシかぁ……表彰式や会見を終えてピットに帰ってきた万谷選手、そのままJLCの番組に出演です。誰もが、今日はこれでおしまい、と思っていました。ところが! 「今日はコレと水神祭で終わりやな!」と鶴の一声が! 声の主は、長嶺豊さん! その声に後押しされた岡山軍団とテレビ関係者は、一気に「うぉぉぉぉぉ!」と盛り上がります。番組収録が終わると、いざ、ピットへ!

Sany0708 古谷猛、林貢、板谷茂樹、平子茂、原義昭らの岡山軍団が、万谷選手を担ぎ上げると、おぉ、長嶺さんも加わっています。そのスタイルは、ゆりかごスタイル! みな本当に嬉しそうに笑いながら、いち、にぃ、さん、ドボォォォォォォォン!!!!! 万谷選手、夕暮れの尼崎の水面に、あまりにも感動的なダイブをしたのでありました。……ちょっと溺れそうになってましたが(笑)。「もう、泳げんのにぃ。心臓止まった」と笑う万谷選手、でも最高の笑顔です! 62歳の水神祭、今まで見てきた水神祭のなかでも屈指の、幸せなセレモニーでした。

_u4w0266 万谷選手、思いっ切り感動させてもらいました。来年の総理大臣杯で会えるのが楽しみです。本当におめでとうございました! 万谷親分、サイコー!(PHOTO/池上一摩=投げ込み、ピット上 黒須田=水中 TEXT/黒須田守) 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
スーパーマンタニ万谷章62歳が苦節43年遂に記念初優勝 【ラリーズクラブ】
 派手さは無くとも巧さがあります。だからこそ見る者の心に伝わります。喜怒哀楽を包み隠さぬ人対人のヒューマンストーリー(動画)。真名人を決します尼崎G1競艇名人戦優勝戦はファン手帳最初のページの上から3番目、つまり現役では3番目に古参な13期1710万谷章62歳が若さ....... 続きを読む
受信: 2006/04/24 3:46:11
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません