この特集について
ボートレース特集 >  尼崎は初日からイベント鈴なり!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

 尼崎は初日からイベント鈴なり!

Sany0234  水面で熱~い熟年の闘いが繰り広げられている尼崎競艇場。しかし、センタープールの外も注目ですぞ。大屋根下特設ステージでは、初日の前半戦から様々なイベントが目白押し!
 6レースの発売中には、Mrオクチのゴキゲンな大道芸。ジュラルミンケースを使ったパントマイムにはじまり、摩訶不思議なマジック、そしてデビルスティックを使った超難度のパフォーマンス(写真)……その俊敏かつ器用すぎる手技足技に、会場のファンからやんやの拍手が起こっておりました。

 この大道芸を挟むように5レースと7レースの発売中には、名人戦に相応しい往年の人気漫才コンビちゃらんぽらんが登場。何を隠そう、ちゃらんぽらん冨好のお兄さんは、兵庫支部長の冨好和幸選手なのですな。もちろんネタは、冨好選手の知られざる裏話へ。これが、競艇専門用語のオンパレード。
「ダメダメな兄貴でペラも叩けんのやけど、あるとき、蒲郡でええモーターもろて121111で優勝戦の1号艇や。もう一生に一度あるかなしかのチャンスや。ほたら、フライング。しかも1艇身! しかも、余計なこと言わなええのに『10センチも1艇身も、どっちも休みは同じ30日や~』と言うたもんやから、蒲郡から斡旋拒否や」
 さらに、三国でも111121で優出したものの、優勝戦は大雪で中止。下関では「魚谷と吉川元浩に叩いてもろたペラ」で1122111とまたまた優出しながら待機行動違反で賞典除外に。さらにさらに、若松でも「神戸カンパニーの松本勝也に叩いてもろたペラ」で222211とまたまた優勝戦1号艇。
Sany0246 「もう、今度こそは間違いないやろ思うて、優勝戦に間に合うようにワシも駆けつけたんや。ほたら……展示航走で転覆欠場。走る前に失格してんねん。しかも『この場合はフライングと違うて30日休まんでええんや~』なんて言うたもんで、若松からも斡旋拒否や」
 兄の失敗談のたびに会場は大爆笑の渦、渦。競艇ファンのツボを嫌というほどとらえた漫才でした。
 ちなみに今日のドリーム戦は
ちゃらんぽらん大西「もちろん大西英一はんや。同姓の選手が走るのは何かの縁。目一杯応援します」
ちゃらんぽらん冨好「兄も世話になってる兵庫の水野はんに勝ってほしい。5=6の筋がおもろい思います」
大西「ほたら皆さん、5=6以外を買うてくださ~い」


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません