この特集について
ボートレース特集 > 今日のイベント
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

今日のイベント

H山との予想バトルに敗れたH本です。「H記者」の座には手が届かず、3日目に増えた軍資金も底が見えてきました。傷心の心を癒すため、大屋根下特設ステージ前でひとりたたずんでいると、突然大音量とともに1匹の猿が出てまいりました。

Dscf0635彼の名前は、やまとクン。年齢は1歳というのに、大人の猿顔負けの芸をみせます。

ただ若いからでしょうか、竹馬に乗って障害物をジャンプする芸では、失敗してしまいました。

「失敗しても諦めへんのが大事やで!」

猿回しのお姉さんは、やまとクンを励まします。ふたたび、竹馬に乗りジャンプをするやまとクン。2回目は見事に成功しました。

お姉さんの言葉と、やまとクンの挑戦する姿勢は、私の心に染みました。心の傷が、少し癒えたような気がします。

というわけで、猿に励まされた私は「さる年生まれ」の選手を狙ってみようと思います。

昭和20年の「さる年」選手は、石田栄、金井秀、友永健の3人。

昭和32年の「さる年」選手は田中伸、鈴木幸、平子茂、岡孝、井川正、木下繁、板谷、原義の8人です。

 ちなみにやまとクンのイベントは、7R発売中にも行われます。舟券でヤラれたあなたの心も、癒されるかもしれませんよ。

(PHOTO/TEXT H本記者)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません