この特集について
ボートレース特集 > 2日目のベストパフォーマンス
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

2日目のベストパフォーマンス

 今日の戸田水面は、気まぐれな風がレースを左右しましたね。ほぼ無風だった前半戦はイン逃げが4勝。平穏なレースが続きました。そして向かい風が吹きはじめた後半からは、イン逃げはゼロ。まくりやまくり差しがポンポン飛び出す、戸田らしい水面に変貌しています。今後も風の悪戯には注意を払う必要がありそうです。
 さてさて、今日も3連勝するなど地元埼玉旋風が吹き荒れましたが、第3位は遠く佐賀から単身やってきたこのお方に。

11R/来た来た、出足が来たジョ~!!

2006_0524__2_11r_024  喧嘩屋ジョーがいよいよ本格化です。11レースの上瀧和則は枠なりの2コース。インの後藤とまったく同体のスリット(コンマ10)から、迷わず抱き込むようなまくりを打ちました。このまくりが決まるかどうかが、パワーの測りどころ。体を入れ替えて再び同体になった状態から、どちらが伸びるか。後藤も中堅上位のパワーがあるので、私は興味深く両者の足色を観察しておりました。
 スーーーッ。
 伸びたのは上瀧。それも競り合う間もなく、あっさりと後藤の艇を引き波に沈めたのです。こりゃもう、本物です。
「出足も来ましたね。若干昨日よりも伸びは落ちたけど、自分向きの仕上がりになりました」
 上機嫌に振り返る上瀧。そう、単なる伸びよりも、この回ってすぐに押す力がイン水域にこだわる上瀧には必要なのです。それが来た。となれば、怖いものなしですよ。って、元々怖いものなんかなさそうだけど。
2006_0524__2_11r_031 「これでもう秋山(直之)君のツケマイを喰うこともないです」
 茶目っ気たっぷりに笑う上瀧。昨日、秋山流ブン回しを喰らって逆転されたことがよほど悔しかったのでしょう。できれば、もう一度ふたりのマッチアップを見たいものです。
 とにもかくにも、この勝利で1・2・1着のオール2連対。あれよあれよとシリーズリーダーになってしまいました。明日は5号艇と1号艇の2回走り。私はそれぞれのレースに、こんな視点を当てるつもりです。
前半の5号艇/進入でどこまで入るか。納得のゆく出足が来た以上、いつもの上瀧ならインまでガメてきます。インの弱い戸田だけに微妙ですが、準優の1、2号艇を想定するなら、少しでも内側でのレースをしておきたいはず。その心構えを確認しておきたいのです。
後半の1号艇/どんなレースをするか。前半と連動するのですが、この予選で1度しかない1号艇こそが準優のシミュレーションになるはず。戸田のイン水域に苦手意識のある上瀧は、ガムシャラに1着を狙ってくると思います。
「もうちょっと(戸田のインを)好きになるので、もう少し待っててください」
 こうファンに語ったときの不敵な笑みが、明日の激走を約束しているのです。

 第2位は見ているこちらまで「へっ?」と目を疑うような必殺技を決めたこのグレートなお方に捧げましょう。

12R/摩訶不思議、4次元転送まくり差し!?

2006_0524__2_45r_105  時おり、不思議な選手だな~とつくづく思うことがあります、烏野賢太。2コースや外寄りのコースでは差し差し差し差しの生粋の差し屋なのに、こと3コースでは捨て身のツケマイを放つ。しかも、それが天才的なまくり差しになっちゃうのですよ。
 今日の最終レースがまさに、その天賦の才が閃いたレースでした。3コースからスタートは遅れ気味。トップSの濱野谷憲吾は早々に先マイ体勢に入っています。まくれないし、差しても届かない。そんなポジションだったのですよ。ところが……
 エイヤッ!
 みたいな気合いで、賢太は2コースの赤岩善生に飛びつきました。で、ツケマイを放ちながら180度反転するような超鋭敏なモンキーで、一瞬にして憲吾の内フトコロにピッタリと艇を捻じ込んだのです。一見、狭い範囲での技なので地味っぽく感じるのですが、これはあなた、実は滅多やたらに見られない超高等テクなんです(一般戦ではA1級の選手がB級相手にあっさり決めるけど)。そして、賢太はこんな離れ業を、年に何度かSGの大舞台でやらかしてるんです。今日にしても、先に逃げた相手が憲吾なんですから。憲吾もさぞや驚いたに違いありません。
「いや~、なんだかわかんないうちに先頭に立ってましたね」
2006_0524__2_12r_008  レース後、賢太自身も首をかしげてましたが、本音なんでしょうね。3コースになると身体が勝手に動いてしまう。獰猛に果敢に、そして緻密に……なんだか満月の夜の狼男みたいですが、そんな不思議さが賢太にはあるのですよ。
「よくわからんけど、これで(憲吾の内側に)入ってるっていうことは、エンジンが出てるってことなんでしょう。出てなきゃ無理でしょう」
 まるで他人事のように振り返る賢太。確かに強烈な回り足がなければできない芸当でもあるのですが、そんなパワー云々で説明できるレベルじゃないんですってば! 
 差し屋の賢太を、捨て身のまくり屋に変身させる3コース。その理由はまったくわからないのですが、とにかく賢太の身体と心の奥底には「まくり屋の野生」が眠っている。私はそう思っています。いっそのこと、どこからでも強ツケマイを放つまくり屋になってみたらどうでしょう、賢太クン!!

 そして今日のベスト・パフォーマンス賞は、誰がなんと言おうとこの苦労人に。とにもかくにも、おめでとうございます!

8R/全国の競艇ファンに捧げる1勝!

2006_0523__1_01_049_1  この2日間、秋田健太郎が走った3つのレースが、「笹川賞」の縮図なのだと私は思います。競馬でいうなら宝塚記念や有馬記念のような最高峰のレースに、健太郎はファン投票で選出された。健太郎はこの結果をどう受け止めたことでしょう。もちろん、嬉しかった。気合いも入った。でも、それ以上に「俺がいてもいい舞台なのだろうか?」という戸惑いや不安に襲われたはずです。
 視点を変えましょう。秋田健太郎という選手がこの笹川賞に選出されたことを、読者のあなたはどう思ったか。地元ファンや健太郎のファン以外の方は、???だったのではないでしょうか。
「笹川賞の質が問われる」といった過激な意見も、私の耳に届いています。いや、それ以前に守田俊介の追っかけである私自身が「なんで俊介より健太郎なんだよ!!」などとヤケクソ気味に叫んだことを白状します。今回落選したSG常連選手のファンは、おそらく一度は私と同じような罵詈雑言を吐いたはずです。健太郎や関口智久には何の罪もない。わかっていても、その矛先が彼らに向いてしまう。
 そして、それら全国津々浦々の???を、秋田健太郎は肌身で感じたことでしょう。この重圧は、ただ悪口を吐いていた私には想像すらできません。
 初日、出走表をつらつらと眺めた私は、ハッと息を呑みました。秋田健太郎が60㎏前後の「重量級レーサー」であることは以前から知っていました。が、その健太郎の体重欄に載った数値は54! 並々ならぬ減量をしてきたことが、一目でわかります。どんな思いで減量したか、それもある程度は伝わってきます。
 そして実戦。まず1レースで関口が、あっさりと水神祭を果たしました。健太郎はどう思ったか……。続く2レースの健太郎は、アウトコースからトップSで一気に内を絞った末に、無茶な突っ込みで不良航法の罰則……。是非はともかく、健太郎の全身から「早く勝ちたい!」という思いがひしひしと伝わってくるレースでした。
 2日目の2レース、ここでも健太郎は鬼気迫るまくりで一度は先頭に立ちます。バックで上体を前後に激しく揺らす健太郎。が、焦りからか蛇行したところを矢後に咎められ、一瞬にして逆転を許してしまいました。痛恨の2着。
 そしてそして、後半の8レース。健太郎は絶好の4カドからトップSを決めてひとまくり。一時は山﨑昭生に先頭を譲りましたが、粘り強い追走で逆転でついに1勝をもぎとったのです。
 恥ずかしながら、私は昨日今日の凄まじい3走をすべて見て、秋田健太郎がこの戸田の水面に来るまでに抱いてきた様々な思いをはじめて実感できたのです。凄絶な減量~死に物狂いで勝ちに行くレース……選出してくれたファンの期待に応えたい。そんな単純な衝動だけでなく、「恥ずかしい成績で地元ファン、地元の同僚、笹川賞というレースをおとしめたくない。絶対に後ろ指を差されるような情けないレースはできない」そんな思いをてんこ盛りにして、健太郎は減量し、走っているのです。単なる推測ですが、私はそう確信2006_0524__2_9r_044 しています。健太郎だけでなく、関口や鈴木賢一も同じような思いのはず。だからこそ、彼らのレースぶりからは、頑固で強烈な意志まで伝わってくるのです。
 秋田健太郎の執念ともいうべき1勝。それは笹川賞だからこそ、の重い重い1勝です。SG常連相手とも対等以上に闘っている、という証でもあります。この2日間のレースを見続けて、私は胸を張って宣言したい。
 秋田健太郎のようなレーサーがいるから、笹川賞は面白いのだ、と。(PHOTO/中尾茂幸、TEXT/畠山)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
5/25日予想 【《実録!競艇投資生活》】
5/25は蒲郡の予想です。 1R 1-2 2R 1-2 3R 1-6 4R 3-4 5R 2-6 6R 2-6 7R 2-6 8R 1-3 9R 1-2 10R 1-2 11R 1-2 12R 2-5 *購入は自己責任でお願いします。 5/24の結果から、雨や風の強い日 続きを読む
受信: 2006/05/24 22:33:25
『しげ爺のSG笹川賞予想 (3日目)』 2006/05/25 【しげ爺の競艇予想】
管理人のしげ爺じゃ。 『人気brogランキング』 の上位を目指してるんじゃが、なかなか難しいの。 読者の皆さんの協力が必要なので、下記画像のリンク先をポチっと頼むぞ。 わしの予想が参考になった方は、是非ポチっと・・・ 2日目の結果は、2連単(本命)でプ... 続きを読む
受信: 2006/05/25 0:51:53
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません