この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 2日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 2日目

 本日も水神祭、開催! しかも2つ! そして、ともに埼玉勢!
 乗りに乗る地元軍団、今日も祝賀ムードに沸きまくりであります。
Sany0121_1  まずは、1R。飯島昌弘が、インから逃げて、SG初勝利。出身は「茨城」ですが、彼もれっきとした埼玉支部の一員です。
 今日はこの1回乗りということで、勝利選手インタビュー後にさっそく行なわれた水神祭。昨日すでに経験した関口智久を先頭に、池上裕次、滝沢芳行などが率先して、飯島をボートリフトに導きます。おぉ、2R出走を控えた平石和男も、赤いカポックを着込んで駆けつけたぞ。そんな面々に、せーので持ち上げられた飯島、関口同様のウルトラマンスタイルであります。Sany0126_1 池上の「1、2、3!」の号令で、威勢良く放り投げられた飯島は、空中でひねりを加えた一回転を見せながら、水面にドッボーン!と飛び込んでいったのでした。水の中でも、ニッコニコの飯島……おっと、その間近に、試運転をしていた後藤浩がボートに乗って登場! 飯島が轢かれるぅぅぅ……なんてことはもちろんなく、後藤はすぐ横を通り過ぎながら、「おめでとう」と渋く言葉を投げかけて、去っていったのでした。後藤、粋だなあ。ともかく、飯島選手、おめでとう!

 つづいては、8Rの秋田健太郎。2Rも惜しかったのですが、後半で松井繁や瓜生正義、菊地孝平を撃破して、文句なしの初勝利! 減量の甲斐があったというものです。
Img_0568_1   飯島と同じく、勝利選手インタビュー後に行なわれたのですが、これがまた、文字通りのお祭り騒ぎ!  まずは、秋田を待つ間、池上裕次が「なんで俺はサンダル履いてるんだよっ!」と、ワケのわからない突っ込みを須藤博倫らに入れています。なんで、って、自分で履いてるんでしょ。これは、まさか……。
 秋田が到着すると、埼玉勢は大拍手。歓声をあげながら、秋田をボートリフトへいざないます。先頭には、関口、飯島、そして池上。これは、やっぱり……。
 スタイルは、やっぱりウルトラマンスタイル。またまた池上が「1、2、3!」と号令をかけて、秋田を放り投げました!…………がっ! その勢いに押されたのか、秋田以外に3人が水面に落ちてしまった! その顔ぶれは、関口、飯島、そして池上裕次! やっぱりか!
Img_0585  そうなのです。池上裕次、最初から自分も落ちる気マンマンなのでした。よく見れば、サンダルはちゃんと脱いで置いてあったし。リフトに引きずり上げられた池上は、さらに関口に抱きついて、もう一度ダイブ! 水に落ちる瞬間、関口から手を放した池上、一人で水中へ。「押すなよ~」と言いながら再び引き上げられた池上、ものの3秒ほどで「うわぁぁぁぁ」と言いながら、またまた水中へ。池上さん、何をしてるんですか! みなさん、戸田天皇って、こんな人です(笑)。ようするに、いちばんはしゃいでるのだ。それを見ていた平石は、苦笑いを浮かべて首をひねりながら、試運転に向かいました。「アホな同期だなあ」って感じでしょうか(笑)。
 まあ、言ってみれば、地元勢SG初出場組の全員が初勝利をあげたことを祝福して、関口と飯島、秋田と3人まとめての水神祭。そんな場だからこそ、埼玉の大将も一緒に飛び込んだのでありました……ということにしておきましょう(笑)。ともかく、秋田選手、おめでとう! 今後はSGの常連目指して、頑張ってください!

 さあ、これで残るは、中村亮太のみ! 亮太選手、必ずもう一回、「本日の水神祭」を書かせてくださいね!(PHOTO/飯島=黒須田 秋田=山田愼二 TEXT/黒須田守)


| 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

池上選手は神様です

投稿者: ヒロミズム (2006/05/25 21:02:51)

米井里実

投稿者: 米井里実 (2019/03/26 21:41:41)

池上裕次

投稿者: 鷲尾悦也 (2019/03/26 21:41:59)

森由佳

投稿者: 平井麗奈 (2019/03/26 21:42:30)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません