この特集について
ボートレース特集 > 晴天――準優勝戦、前半のピット
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

晴天――準優勝戦、前半のピット

 準優勝戦の朝にしては、ピットの空気は比較的、穏やかだった。
1am   ただ、朝から晴天となって、昨日とはずいぶん、気温や湿度が変わってきていることもあってか、準優メンバーのなかでペラ調整をしない選手はほとんどいなかった。
 その中でもペラ小屋にいる時間が長く、熱心な姿が目に付いたのは、倉谷和信、烏野賢太といったところだ。
 とくに倉谷は、ずっと立ったままで作業をしていたのが印象的だった。ペンキャップを口にくわえたその姿はまさに職人。「いぶし銀」とはこういう人を言うのだろう。

2am  また、「整備室の住人」と化していた感があったのは、濱野谷憲吾だ。池田浩二や向所浩二などと和やかに話している時間もあったが、モーターをばらして、長い時間、作業を続けていた。
 朝のインタビューでは、準優メンバーのなかでは「中堅クラスのモーター」と評していたが、本人のムードは落ち着いたものだったので、機力アップを期待したい。
 好ムードを漂わしていたという点では、山崎智也も挙げられる。智也の場合、早めの時間帯に作業が終わっていたのだろう。インタビューに答えていたり、ボートの引き上げに出てくるようなところしか姿が見かけられなかったが、歩く足取りなどは非常にゆったりしていた。悠然と構えているその様子から見ても、あとはレースを待つばかりといった状態になっているのかもしれない。

 濱野谷と話しているときには、いい笑顔を見せていた池田浩二だが、自分のボートのある場所に戻ると、モーターにじっと見入って、思案顔になっていた。その後にはボート周りの整備に精を出しはじめ、記者陣が二人ほど声をかけてきても、手を止めず、言葉少なく答えていただけだったので、周囲の空気は重かった。
 ただ、池田の場合、こうしたことは珍しくはないそうだし、ひと段落したあと、同県の原田幸哉、赤岩善生と話しているときにはいい笑顔を見せてリラックスしていたので、とりたてて心配することはないだろう。

3am  また、3R後の市川哲也のボートの引き上げでは、11Rでぶつかる辻栄蔵と西島義則の広島コンビが顔合わせ。
 当たり前のことだが、余計な気負いも見せずに、和やかなムードで作業をしていた。もちろん、こちらもまたまた当たり前のことだが、レースになれば、話は別だ。
 個性的なメンバーが揃った11R。今日の準優のなかでも、とくに「注目の一番」なので、好勝負を見せてくれることを期待したい。
(PHOTO/中尾茂幸=濱野谷+池田、内池久貴=その他  TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません