この特集について
ボートレース特集 > H記者の「グラチャン前検を斬る!!」
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の「グラチャン前検を斬る!!」

2006_0619__041  はい、前検の合間合間に行われる足合わせを、それこそ目を皿のようにして見つめたHです。「目を皿のように」って、実はわけわかんないですけど。とにかく、のべ76回に及ぶ2艇or3艇の足合わせを見させていただきました。
 前半の1班~5班では「ふむふむ、矢後と川﨑が伸びてるな~」などと思っていたのですが、その川崎をブッチギッたのが特注モーター64号機を駆る辻栄蔵でした。もう、内から伸びるわ伸びるわ!
「こりゃ横綱間違いなしぢゃ~」
 思わず叫んだ私ですが、誰もが注目しているモーターを横綱に任命しても面白くありませぬ。後半の6班~9班で辻を脅かすような選手が現れないかしらん、と期待していたところ、居ましたですよ!! 林ビッケン君!!!!! エース級の井口を半艇身ほど捨て去り、返す刀で作間を1艇身チギリ捨て、赤岩にはしぶとく粘られましたが、それでも力強く伸び勝ちしておりました。
2006_0619__010  そしてもうひとり、赤岩と同じ足色だった池田にあっさり競り勝ったのが瓜生です。実際のところ林と瓜生が「辻より上」とは断定できないのですが、先物買いの楽しさと配当の妙味を踏まえて、東西の両横綱に指名させていただきます。
 他では、向所をチギッた中澤、森高と3度マッチアップして3度とも圧勝した湯川、服部と1回だけ合わせて完勝し、そのままピットに戻った智也が間違いなく上位級です。ベテラン勢では今村、岡本、平石、上瀧の4人がなかなかのパワーでしたね。
 早速、相撲番付としてまとめておきましょう。

 グラチャン前検、独断と偏見のモーター番付

  東         西
 林 美憲  横綱  瓜生正義
 辻 栄蔵  大関  赤岩善生
 中澤和志  関脇  湯川浩司
 山崎智也  小結  平石和男
 岡本慎治  前頭  池田浩二
 矢後 剛  同1  上瀧和則
 今村 豊  同2  松井 繁

2006_0619__007  こんな感じでしょうかね。実際には前半チームと後半チームの比較は難しく、辻と智也が横綱なのかも知れませんが……穴党の私としては、この番付を信じて初日を戦いたいと思います。東の正横綱のビッケン君、3Rでいきなり突き抜けてね~~っ!!!!
 って、ここまで気分よく書いたところで前検タイムが届いたんですけど……林ビッケンも瓜生も6秒74で後半のワースト1位記録ってあなた……そ、そんなバカな……!? 急に自信がなくなりましたが、いやいや、レース足と展示タイムはまるで別物なんです!! この持ち時計で人気が下がるようなら、むしろめっけもの。皆さんが彼らの超抜パワーに気づく前に、蔵が建つほど儲けてみせまっせ!ビッケン、瓜生、私は最終日まであなたたちの舟券を買い続けます、アイ・ビリーヴ・ユー、フォーエバー!!!!

2006_0619___027  前検タイム速報
①菊地孝平 6・60
①矢後 剛 6・60
③仲口博崇 6・62
③西村 勝 6・62
③秋山直之 6・62
⑥辻 栄蔵 6・63
⑥山崎智也 6・63
⑥湯川浩司 6・63
⑨白水勝也 6・64
⑩松井 繁 6・65
 ちなみに私の菊地孝平評価は「ワースト級」でした…………(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

2006年グラチャンなのでは?

投稿者: ゆみ (2006/06/20 11:27:21)

ゆみさん、ご指摘ありがとうございます~。訂正しておきましたです。

投稿者: H記者 (2006/06/20 13:46:52)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません