この特集について
ボートレース特集 > 開会式ですっ!&ドリーム戦インタビューっす
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

開会式ですっ!&ドリーム戦インタビューっす

2006_0620__002 「ファンによる、ファンのためのグラチャン」
 これが、このグランドチャンピオン決定戦のキャッチフレーズなのだそうであります。たしかに今節は、いわゆるファンサービスのイベントが盛りだくさん。以前の記事で書いたように、ファンが企画したイベントも行なわれます。ファンのため……当たり前といえばそうなんでしょうが、それは口にしてこそ、より強く意識されるもの。開会式の冒頭で高らかに宣言されたその言葉が現実のものとなるよう、我々もおおいに楽しみましょう!
 というわけで、ファンのためのイベント第一弾、初日といえば開会式! そしてドリーム戦インタビュー! トップバッターで登場した服部幸男選手、さっそくファンのためバージョンで挨拶です。

「地元で開催されるSGということで、いつもよりベターなベストを尽くします」(服部幸男)
 普段のSGならば、「ベストを尽くします」の一言で決める服部幸男、今回は「ベターなベスト」!「ベスト」にさらに最上級があったとは! 浜名湖のSG、この人がベターなベストで暴れてこそ、盛り上がろうというものです!
「とにかく、気合を入れていく!!!!」(仲口博崇)
 コメントもバリバリ気合入ってます!
「日本人が考えたスポーツで、日本人が楽しめないはずがない。もちろん外国の方も盛り上がってください!」(辻栄蔵)
 そうだ! 競艇は世界に誇れるスポーツだぞ! そして日本のみなさんも、もちろん盛り上がってください!
2006_0620__050 「浜名湖、グラチャン、グレイトだぜ」(烏野賢太)

「ニッポン!(チャチャチャ!)ハマナコ!(チャチャチャ!)」(向所浩二)
 ムカイジョ! チャチャチャ! コウジ! チャチャチャ!
「前半の好調がウソのように絶不調です」(田中信一郎)
「絶不調だと思ってたら、僕より絶不調がいました。癒されました」(山本浩次)
 二人揃って、不調を脱出してください!
「ここに来る前に、スロットを断ってきました。吉宗のバカヤロー!」(鳥飼眞)
 吉宗はパチスロの機種ですね。この絶叫に、隣でH記者がウンウンと頷いていました。
「迷わず行けよ、行けばわかるさの精神で、自分を貫き頑張ります!」(赤岩善生)
 今回も男っぽいぞ、赤岩! そう、迷わず行けば、道がわかるのです!
2006_0620__180 「地元の菊地くん、坪内くん…………ああ、坪井くんか。1500人もいれば、時々間違えるんだよ」(蔭山幸夫会長)
 だはは、会長のご愛嬌でした。苦笑いの坪井、その直後に選手宣誓をビシッと決めてましたね。

 開会式に続いては、恒例ドリーム選手インタビュー。6選手は、なんと浴衣に着替えて登場です。
1号艇 仲口博崇「昨日は重かったですけど、ペラ叩いて良くなりました」
2号艇 今垣光太郎「スタートを10前後を目標に」
3号艇 植木通彦「伸びはちょっといい感じ」
4号艇 辻栄蔵「昨日はいい感じだったんですけど、今日はちょっと変わってます」
5号艇 山崎智也「まあまあですね。(初日にまあまあというときは、道中良くなる傾向があると問われて)そうなればいいですね」
6号艇 菊地孝平「気合は入ってます!」
 辻は調整でなんとかなりそう、とのことだし、他の5名も好感触。ドリーム組、見逃せませんぞ。ドリーム戦は本日12R、締め切り予定は16時40分!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田守)

2006_0620__001


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【愛しの小島さん】愛の力は無敵です!湯川浩司GC初日連勝! 【ラリーズクラブ】
 「日本人が考えたスポーツで、日本人が楽しめないはずがない」をキャッチコピーに今日から始まった浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦。その選出基準からSG未経験者は絶対に出られないSGということで他のSGよりも出場選手のレベルが高く、King of SGの異名もあるのがグ....... 続きを読む
受信: 2006/06/20 23:54:32
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません