この特集について
ボートレース特集 > H記者の「準優はすべて2号艇!!」予想
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の「準優はすべて2号艇!!」予想

 さあ準優勝戦です! 3レースともに鍵は2号艇とみました。差して届くか。私が弾き出した答えは、3レースすべて「届く」です。

10R

①上瀧
②西島
③池田
④石渡
⑤坪井
⑥吉川

●パワー評価…①②⑤が超抜、③④が上位、⑥が中堅。
●進入…もし上瀧と西島が外枠だったら、大変な進入になったでしょうね。この並びなら123/456、または吉川が動いて126/345。可能性は五分五分です。
●スリット…全員安定しており、コンマ15あたりで同体。これは勘ですが、西島だけがゼロ台かも(釣られれば上瀧も)。スリットから伸びるのは機力通り①②⑤。
●1マーク~バック…比較的読みやすいですね。S同体なら、上瀧が先マイ、西島が差し、池田がぶん回し、石渡と坪井がまくり差し狙い、吉川が最内差し。池田は握っても内2艇には届きません。上瀧が逃げるか、西島が差すか。コースは上瀧が有利ですが、引き波を超えてさらに伸びる西島の足は圧巻。配当も考えるとバックで内に入る西島に食指が動きます。注目は坪井で、1周2マークで内2艇がもつれたところを俊敏に差すはず。
勝負舟券…2連単2-15☆3連単2-15-15
押さえ…3連単15-2-15

11R

①平石
②智也
③山本
④太田
⑤倉谷
⑥田村

●パワー評価…①が抜群、③④⑤が上位、②⑥が中堅上位。
●進入…実は一番難解。倉谷が動くのは必至で152/346あたりか。ただ今節は積極的に動く田村が連動するかも。1526(深そう)/34または太田の単騎ダッシュ12356/4もあります。アッと驚く倉谷のイン? そこまでは手が回りません。
●スリット…誰がどうとは言えませんが、不安定な進入の影響でややバラけそう。遅れるとしたら、「スタート見えてません」と言っている山本と、前付けが深くなりすぎた倉谷ですか。
●1マーク~バック…スリットが同体に近ければ、逃げる平石と差す智也のバック勝負。機力もコースも平石有利ですが、インでは取りこぼしも多いんです。抜群の安定感を誇る智也を重視します。スリットがバラけたら、太田が一気に突き抜けるかも。
勝負舟券…2連単2-14☆3連単2-14-14
押さえ…3連単14-2-14

12R

①江口
②憲吾
③松井
④作間
⑤鳥飼
⑥瀬尾

●パワー評価…超抜が①、抜群が③(松井の自己申告ですが)、上位が②④⑤⑥。準優でいちばん機力差がないレース。
●進入…ほぼ123/456。瀬尾が動けば126/345で、松井は喜んでカドを選択するかも。
●スリット…全員しっかりタイミングを掴んでいてコンマ10あたりの同体。
●1マーク~バック…枠なりとすると、伸び抜群の江口が先マイ、憲吾が差し、松井が強引なツケマイ、作間、鳥飼がまくり差し狙い、瀬尾が最内差しというオーソドックスな展開になります。大きな違いは松井の攻め方で、昨日「一発あるんで買ってください」と宣言した以上、同体からでも遮二無二ツケマイを放ちます。もちろん、モロに影響を受けるのは江口で、競りになるかも。とにかく差し一手の憲吾にとっては戦いやすい展開です。もし江口と松井が大競りになれば、作間が機敏に差し抜けるでしょうね。
勝負舟券…2連単2-13☆3連単2-13-13
押さえ…3連単3-2-134、2-4-13

 さてさて、どんな6名が明日のSGファンファーレを聴くのでしょうか。私の予想では西島、智也、憲吾、上瀧、平石、松井という凄いメンバーになるのですが…。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません