この特集について
ボートレース特集 > タキシード!――ドリーム戦インタビュー
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

タキシード!――ドリーム戦インタビュー

Cimg1165  通常のSG初日には、開会式→ドリーム戦出場選手インタビューという流れで、1R前にお楽しみイベントがあるわけですが、このMB記念では、ドリーム戦インタビューが6R発売中の変則開催。なんでだろう?……と思っていたら、こういうわけでしたか! ドリーム戦士6名が、なんとタキシードで登場! そういえば、MB記念のポスターは、山崎智也と江口晃生のタキシード姿ですね。多忙なピット作業の合間にタキシードに着替えて、センタープラザに登場した6選手。目撃できた方たちは、いいもの見ましたね!

Cimg1163  というわけで、インタビュー。
1号艇・山崎智也(関東地区代表)
「(司会の松岡さんに勝利宣言を促されるも)いいレースを見せるんで、楽しんで帰ってください」
2号艇・辻栄蔵(中国地区代表)
「(司会の松岡さんに「山崎選手をマクるか差し切るか、ですね」と問われて苦笑しながら)いいレースができるように頑張ります」
3号艇・今垣光太郎(近畿地区代表)
「(司会の松岡さんにペラの調子が今ひとつかと問われ)今節からはそういうことのないよう頑張ります。進入は、深くなる前付けが来たら、入れると思う」
4号艇・植木通彦(九州地区代表)
「(司会の松岡さんにリズムについて聞かれ)一生懸命やってるけど、結果が出ない。それでも元気出して行こうと思います」
5号艇・坪井康晴(東海地区代表)
「(司会の松岡さんに進入を聞かれ)枠なりで行こうと思います。6号艇? 新聞などを見て、わかってるとは思いますけど(笑)。朝までは出足がなかったけど、上向いてます」
6号艇・田村隆信(四国地区代表)
「(司会の松岡さんに自分から配当がついていることを問われ)少しでも高配当を出せるよう頑張ります」

 最後に、選手会長の野中和夫、登場!「私がドリームに7号艇で出るという噂もありますが」とジョークを飛ばし、松岡さんに突っ込まれてました(笑)。その野中会長の激励を受けて、ドリーム戦士も本格的に戦闘態勢に! Superドリームと銘打たれた12Rを制するのは果たして!? 僕はなんとなく、植木が怖い気がしますが……。(K)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません