この特集について
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

開会式!

2006_0829__004  気温急上昇の桐生競艇場。午後1時、モーターボート記念の幕開けを告げる、「開会式・選手紹介」が水上特設ステージで行なわれました! 汗が噴き出るような気候のなか、ステージ前を、立錐の余地ないほどに“ゲスト”(桐生では、ファン、お客さまをこう呼びます)たちが埋め尽くしました!
 今回の開会式は、“競艇の甲子園”よろしく、関東→東海→近畿→四国・中国→九州と、各ブロックごとに選手が登場。その後、桐生推薦→SG覇者→賞金王決定戦出場者、そして最後は地元の5名! 趣向を凝らし、このMB記念の意味合いをきっちりと表現する、素晴らしい開会式でしたね! 

2006_0829__112  ゲストの声援ベスト3は、山崎智也・植木通彦・服部幸男、でしょうか。意外に、といったら失礼ですが、予想以上の声援を集めたのは、桐生推薦・石渡鉄兵でした。
「桐生、ムチャクチャ得意です! 買ってください!」
 江戸川鉄兵と呼ばれる彼ですが、桐生も強い! 地元のファンたちも、それをよく知っているということでしょうね。

それでは各ブロックごとに気になる一言。

「池上さん、平石さん、滝沢さん……その他の埼玉の先輩たちの代表として、頑張ります!」(戸田代表・西村勝)MB常連組を押しのけての選出、西村、燃えてます。
「浜名湖代表・服部幸男。ベストを尽くします!」(浜名湖代表・服部幸男……って、かぶってますね)声援がめちゃくちゃ集まってました。
「♪住之江は~ 日本一やから~♪」(住之江代表・湯川浩司)湯川選手、すいません。何の歌だかわかりませんでした。
「桐生と姉妹都市の鳴門の代表として、頑張ります」(鳴門代表・濱村芳宏)へぇ~、姉妹都市の両方に競艇場があるんですね。
「昨日レジャーチャンネルを見ていたら、平和島で上島久男さんが6コースからチルト3度に揚げてまくって優勝したのを見て、感動しました。上島さんは58歳です。私もまだまだ頑張ります」(芦屋代表・日高逸子)JLC携帯サイト「競艇TV!レジャチャン」を見て、僕も感動しました(宣伝かよ)。

2006_0829__130 桐生推薦の選手たちは、他県所属でも「地元のつもりで」と口にしていました。オーシャンカップ制覇のあの人も!
「地元のつもりで、頑張ります!」(松井繁)
 おぉ、松井が地元のつもりで! モーターもいいようだし、SG2連覇も十分か!?

 開会式の最後に行なわれる選手宣誓。通常は地元の出場選手の中でもっとも若い選手が務めることが多いのですが、このMB記念は山崎智也!
「いい年して、こんなところに来て恥ずかしいんですが、精一杯頑張ります。(中略)MB記念は、“競艇の甲子園”と呼ばれているようですが、今年の甲子園決勝にも負けない感動できるレースをお見せしますので、最終日最終レースまで、ご声援のほどお願いします!」
 そう、日本中を熱くさせたあの試合よりも激しく、熱いレースが、今日から桐生で行なわれるのです! 全72レース、ひとつも見逃せないぞ!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)

2006_0829__176


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【MB記念開幕】上州みどり市で気分上々↑↑上昇きりゅうだジョー 【ラリーズクラブ】
 上州みどり市は桐生競艇場で行われる競艇甲子園SGモーターボート記念がいよいよ開幕、初日は22億659万3700円を売る盛況でした。先月の若松SGオーシャンカップが予選4日間1度も21億を超えなかったことを考えたら上出来の数字です。  ところで上州で甲子園といえば、ハンカ...... 続きを読む
受信: 2006/08/30 0:52:56
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません