この特集について
ボートレース特集 > パッション屋良の情熱お笑いライブ!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

パッション屋良の情熱お笑いライブ!

2006_0901__283  今節の目玉イベント「お笑いライブ6連発」の4発目は、筋肉隆々の元気なお兄さん「パッション屋良」(以下パッション)でした。南ウイングの特設ステージに詰めかけた観客は300人ほど。子どもに大人気のパッションだけに、客席の前列には3歳~5歳くらいのキッズがぎっしり。胸に「P」のエンブレムが入った体操着を来たパッションが現れると、「パッショ~ン」の大声援が飛び交います。
「会場の皆さま~、朝食は何派かな~?」
「プロテイ~ン」
「そうだね、プロテインだね~」
 というお約束の挨拶から
「ピッピピッピ、ピッピピッピ、皆さま~桐生の名産といえば~? はい、そうだね、プロテインだね~」でさっそく爆笑を誘っております。
2006_0901__295  そしてそれからはお待ちかねの、胸ドンドン。
「ウ~ン、ウ~ン!」と叫びながら、キングコングさながら、力任せに左胸を叩きます。そのあまりの迫力に、泣き出す子も。
「これがトラウマっていうのだね~、お母さん、心のフォローをよろしくお願いしますね~」
 とにかくアメリカバージョンや中国バージョンなどとパターンを変えながら、叩くわ叩くわ。
「ジャンケンボン、最初はグー、アイコでウ~ンッ!」
「♪光る雲を突き抜けてウ~ン!!」
 最後は水泳練習用のビート板をフル活用してのミニドラマ。爆笑、また爆笑の渦の中でパッションのワンマンショーは幕を閉じたのでした。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【東京支部長】MB記念江戸川場外では池田雷太トークショー 【ラリーズクラブ】
 今日は桐生SGモーターボート記念江戸川場外イベント「夏だ!祭りだ!江戸川Night!!」の選手ふれあいイベントで池田雷太東京支部長のトークショーが7Rと10Rの発売中に行われ、自分は勤務終了後江戸川競艇場にかけつけ10Rの部を見ました。以下は支部長語録。 「初優勝が江...... 続きを読む
受信: 2006/09/02 4:01:30
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません