この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭! 重野哲之!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭! 重野哲之!

 本日、11Rで水神祭! このダービーがSG初出場となる重野哲之が、3戦目にして初1着。ここまでの2戦を2・2着とオール連対で来ていただけに、初勝利は時間の問題と思われていましたが、2日目に念願の時を迎えたのでありました! おめでとう!

Cimg1519  というわけで、水神祭! 勝利選手インタビューなどを終えて、ピットに戻った重野を取り囲んだ仲間たちは、静岡支部の坪井康晴、笠原亮、そして松井繁! レース直後にも重野を祝福する姿を見かけていましたが、水神祭にも王者が参加であります。というより、いちばんはしゃいでいたのが王者でありました。菊地孝平が12R出走を控えていながら駆けつけて、他には原田幸哉、中澤和志らも輪に加わって、いざボートリフトへ!
 坪井が要となってグイッと持ち上げられた重野、おぉ、これはウルトラマンスタイル! ボートリフトから水面まではけっこう高いため、「リフト少し下げよう」という提案が出ましたが、実際に下げられたのはほんのちょっと(笑)。仲間の腕の上から水面を見下ろした重野は、思わず「うおぉぉぉぅ!」と叫んでおりました。いやはや、たしかに怖そうです。
Cimg1530  それでも、せーのでドッボーンと投げ込まれた重野は、きれいに水面に吸い込まれていきました。それを見た松井、「おぉ、うまいなあ。レースもうまいけど、水に入るのもうまいなあ、お前」と重野を大絶賛(?)。そんな松井の言葉を合図にしたかのように、拍手が一斉に鳴り響いたのでした。Cimg1525 笠原の手によって水面から引き上げられた重野は、ずぶ濡れのまま直立不動で「ありがとうございました!」と祝ってくれた仲間たち、集まった関係者にお礼の挨拶。深々と頭を下げて、さらに万雷の拍手を受けました。重野哲之、本当におめでとうございます!

 これで今節は2・2・1着と絶好の得点状況。この勢いに乗って、最終日にもういちど水神祭ができるよう、頑張ってください!(黒須田)

Cimg1529


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません