この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 三嶌誠司、おめでとう!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 三嶌誠司、おめでとう!

 競艇王チャレンジカップは、三嶌誠司がSG初優勝! お初といえば、もちろん! 水神祭であります。地元で行なわれる水神祭、三嶌にとってはこれ以上ない祝典となりましたね。三嶌によれば、「水神祭は初めてちゃうかなあ? 初勝利のときとかも、やった記憶がない」とのこと。その記憶が正しければ、水神祭の水神祭!……って何言ってるのかよくわかりませんが、とにかくめでたい!のであります。

Suijin  表彰式、共同会見、JLC番組出演と、SG覇者のレース後の仕事をすべて終えると、すでに晩秋の空は漆黒の闇。しかし、そんなことはもちろん関係ありません。めでたい儀式をやめるわけにはいきませんわね、はい。
 集まったのは、この日、もろもろの片付け補助+三嶌の応援に来ていた地元・香川支部の若手選手たち(若手じゃないけど、小松原恵美もいましたよ)&チャレンジカップをともに戦った山﨑昭生と森高一真。そのチャレカコンビが先頭を切って、ニッコニコ顔の三嶌をボートリフトにいざないます。三嶌はクツを脱いで裸足になって、「それじゃ、お願いします!」と仲間に一礼。それじゃ行きますか!と仲間が三嶌を持ち上げました。スタイルは、ウルトラマンスタイルです!
 なぜか、なかなか息が揃わずに、投げ込むタイミングが取れないでいると、「俺が合図出すから」と自分で「1、2、3」と掛け声をかけています。その声にあわせて、せーのでドボーン! 真っ暗な水面に、勢いよく吸い込まれていく三嶌誠司でありました。おめでとうございます! ちなみに、三嶌の後を追って、若手が3人、飛び込みました。ご苦労様です。

Cimg1864  水面からピットに救い上げられた三嶌は、集まった報道陣などに「ありがとうございました!」と深々お辞儀。さらには、僕を見つけると、「クロちゃん、ありがとう!」と、私、名指しでお礼を言われてしまいました。いえいえ、三嶌選手、ほんとにおめでとうございます! びしょ濡れにもかかわらず、JLCのインタビューに応えた三嶌でしたが、嬉しさが寒さを感じさせなかったかもしれないですね。でも、風邪ひかないようにしてください。賞金王決定戦は、すぐにやって来ますから。
 というわけで、三嶌選手、おめでとうございます。賞金王も頑張れ!(PHOTO/池上一摩=1枚目 黒須田=2枚目 TEXT/黒須田守) 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【〒448-8799】丸亀のエースで東海郵政の星・三嶌誠司がSG初V 【ラリーズクラブ】
 来たる住之江SG賞金王決定戦の出場権にチャレンジする争いとして目が離せない丸亀SG競艇王チャレンジカップは今日が最終日。  本番への権利を巡って目が離せない1着賞金350万の11R特別選抜A戦は6号艇川崎智幸が気合いのイン進入。これに3コース07トップスタートの2号艇菊...... 続きを読む
受信: 2006/11/27 0:53:53
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません