この特集について
ボートレース特集 > ドリーム戦インタビュー!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

ドリーム戦インタビュー!

 開会式に続いては、これまた初日恒例のドリーム戦出場選手インタビュー。今回のドリーム戦は、獲得賞金額上位6名。1位の山崎智也がF休みで出場していないため、2位の松井繁から7位の辻栄蔵までが選出されております。
 それでは、内田和男さんが司会のインタビュー、一言ずついきましょう。

Cimg1714 1号艇・松井繁(大阪)
「昨日はしっくり来なかったんですけど、ゲンのいい水面ですし、頑張ります」
 丸亀は1995年ダービーでSG初優出を果たしているんですね。
2号艇・坪井康晴(静岡)
「2コースから行きます。(王者を捌いて抜きますね?との問いに)落ち着いて頑張ります」
 そりゃあ、なかなか「王者を裁きますよ」と言い切れませんわなあ。でも、決意は強いと見ました。
3号艇・中村有裕(滋賀)
「(奥さんとは)ラブラブです。愛してます!」
 衒いもなくこう言えるのですから、素敵です、ユーユー! あ、丸亀は「走った記憶はあまりないけど、好きな水面です」とも言ってましたよ。
4号艇・魚谷智之(兵庫)
「枠は守ります。カドがいいですけど、スローでも大丈夫です」
 かなり力強い口調で、こう語った魚谷。コースとか発進位置は関係ない、俺は俺のレースをする! いやあ、風格、つきましたなあ。
Cimg1721 5号艇・濱野谷憲吾(東京)
「かかりが良さそうですね。コースは、ご、ご、5コース」
 濱野谷が「かかりが良い」と言うときには、自分仕様の足だということ。これは期待できるかも。コースは一瞬口ごもって、内田さんにも突っ込まれてました。秘策アリ!?
6号艇・辻栄蔵(広島)
「さっきは一発逆転で1号艇を狙うといいましたが、どう頑張っても無理みたいです」
 開会式のあと、今節欠場している山崎智也の存在を思い出した様子。ただ……私の計算だと、優勝で松井選手が優出しなかった場合は抜くことはできるはずですが……。優勝後に「1号艇!?」ってビックリしたりして。

 Cimg1726  ドリーム戦は午後4時20分締め切り予定(場外はその3分前です)。5時間後はどんな結果に!?(PHOTO&TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません