この特集について
ボートレース特集 > ファイナル!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

ファイナル!

おはようございます! いよいよ来てしまいました! 賞金王決定戦、ファイナル! 今日は賞金王優勝戦、シリーズも優勝戦と、超豪華なカードが揃っています。住之江は快晴! 賞金王日和! 年間最大のお祭りが、まもなく始まります!

さて、今日の一発目は、昨日アップできなかった「本日のベストパフォーマー」。畠山と黒須田がお届けします。

8R 次郎の執念、いざ平和島へ勝負駆け!

2006_1220_01_225 畠山の決断
「9Rの菊地と江口の一騎打ちだな。パワーの江口と、ターンスピードの孝平で逆転また逆転。競り勝った孝平にベストパフォーマーを差し上げましょう! あ、8Rは珍プレーがいっぱいあったな。ゴールを過ぎてから星野が落水するわ、最終マークで飯島がブイにぶつかるわ、メチャクチャや~」

黒須田のツッコミ
「その飯島を慌てさせて、ターンマークに激突させたのは、次郎が諦めずに追いかけ続けたからじゃないですか!」

畠山の翻意
「おっ、おっ、そ、そうだな。次郎がターンごとに追い詰めていったのは、すごかったな~」

黒須田の逆転
「そうでしょ! 平和島総理杯の出場権勝負駆け、たしかにラッキーはラッキーでしたけど、次郎の執念が勝ったと考えるべきです。ここは次郎でけって~い!」

11R 坪井の執念に運命の女神が微笑んだ

2006_1222_01_687 畠山の決断
「坪井の最終ホーム。魚谷の強ツケマイをこらえて直線の伸び勝負になったとき、内へ内へと斜行していた。真っ直ぐ走ったほうが最短距離なのに、少しでも早くゴール板に辿り着きたい!という気合が、あの珍プレーを生んだ。賞金王というレースの神髄を痛感する斜行だった」

黒須田のツッコミ
「斜行がベスパフォ? それに、昨日は『ユーユー~~~!』とか興奮してたじゃないですか」

畠山の本命?
「あの執念の走りでギリギリ3着。でもって首皮一枚でファイナルへ。斜行が、坪井に運を呼んだんだよ! あの運がこわいぞ~。坪井、一発やるぞ~」

黒須田の首肯
「まあ、坪井は道中も2等を狙い続けてましたからね。執念という意味では、次郎にも劣ってなかったと思います」

決定 5日目のベストパフォーマー
   賞金王トライアル 坪井康晴(静岡)
   賞金王シリーズ  中野次郎(東京)

さあ、賞金王ファイナル、思いっ切り興奮しましょう!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません