この特集について
ボートレース特集 > 特別企画「同期の桜」最強決定戦!!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

特別企画「同期の桜」最強決定戦!!

初日(第1区)は94期が区間賞に!!

 競艇は「気」と「機」で走るが、新鋭王座は「期」で走る。開会式の89期全員による「DJ-OZMA軍団」でもわかるとおり、同期の絆がメッチャ強いのですよ。で、誰かが活躍すると、「お前だけ目立たせるわけにはいかん!」とばかりに他の選手も活躍するのがこのシリーズの面白いところ。去年は井口、森高などの「銀河系軍団」が圧倒的人気と実績を誇りましたが、シリーズの前半戦を引っ張ったのは伏兵の岡部大輔に触発された87期でした。同期の結束力が強まれば強まるほど、そのパワーは水面にも反映される。それが新鋭王座なんです!
 というわけで、今節は初日から期別の成績をまとめて好・不調軍団をチェックすることにします。やはり卒業シリーズになる86・87期が強いのか、逆に新米の95期が……あ、95期は峰竜太ひとりっすか。ま、孤軍奮闘の期があるのも面白いじゃありませんか。(ちなみに93期はゼロ)とにかく6日間で「最強の期」を決めて、勝手に「同期の桜大賞」を贈ることにします!
 ルールは簡単、1着100点(4コースより外で勝った場合のみ、ボーナスとして+20点)、2着50点、3着30点を各期ごとに加算して出走回数で割る。そのポイントを競い合います。でもって、この流れが舟券の推理にも役立つことでありましょう。
 ではでは、初日(第1区)の結果は……。
●第1区の成績
   人数 出走数 1着 連率 3連率  総得点 ポイント
86期  12  18       33%  50%  560点  31P
87期  9  12       42%  50%  400点  33P
88期  8  12   3    42%  67% 460点  38P
89期  5  6   0     33%  50%  130点  22P
90期  5  6   1     33%  33%  170点  28P
91期  6  8   1    13%   25%  130点  16P
92期  3  5   0    40%   60%  130点  26P
94期  3  3   1    33%   67% 130点  43P
95期  1  2   0    0%   50%  30点   15P

2007_0123_01_427  さすがに先輩の貫禄、86期~88期で9勝の固め打ち! 勝負強さには1日の長がありますが、最も重要な「ポイント」で区間賞に輝いたのは、やまと競艇学校を卒業してまだ3年足らずの94期でありました!まあ、ひとえに岡崎恭裕のドリーム勝ち(別にボーナス点はありませんよ)が大きかったわけではありますが、それも実力。この天才レーサーの活躍で同期のライバル・古賀繁輝、稲田浩二もさらに奮起することでしょう。

●今日の期別ハイライト

2007_0123_01_142 86期…A2の東本勝利が①②、同じくA2の原田篤志が③①と大活躍。A1では森永淳(写真右)が②③、市橋卓士が転覆後に気合いの①(4コースまくりでボーナス20点)でポイントを伸ばしました。大将格の吉田俊彦がドリームで敗れましたが、明日以降は屋台骨になることでしょう。選手班長の中村亮太が転覆~即日帰郷したのは残念!
87期…「ち~むでばっち」の総帥・出畑孝典が②①と貫禄を示し、山崎哲司、福島勇樹もピン奪取。ただ、今日は好枠を得た選手が多かったので、過信は禁物です。
88期…8人中7人が3着以内に入り、安定感は随一。特に2本柱の三井所尊春がドリーム②、吉永則雄が③①としっかり着をまとめましたからね。さらには谷津幸宏が嬉しい水神祭。こうした一致団結の勢いがいちばん怖いんです。明日も要注意!!
89期…「DJ-OZMA軍団」は残念ながら1着なし。パワー的にも苦しい展開なのですが、それでも江夏満と枝尾賢が②、君島秀三が③と明日への望みをつないでいます。結束力はナンバーワン、巻き返しに期待しましょう。
90期…萬正嗣が凄まじい5コースまくり差しで気を吐きました。他では長野壮志郎の②があっただけですが、この期にはSGでも通用する石野貴之、地元期待の赤坂俊輔もいます!明日からは一気にポイントを稼ぐことでしょう。
91期…き、厳しい初日になりました。ポイントをゲットしたのは郷原章平の①③のみ。他の5選手はすべて4着以下……郷原がしっかり引き上げるか、このまま意気消沈してしまうのか、明日が試金石になりそうです。
2007_0123_02_342 92期…1着こそありませんでしたが、3人すべて②か③でポイント獲得。エース24号機を駆る大峯豊効果でしょうか。下馬評は低くても、台風の目になりえる存在ですぞ。
94期…3人とも1回走りでしたが、古賀繁輝が③、岡崎恭裕がドリーム①と「隠れ優勝候補軍団」の資質を見せつけましたね。もうひとりB1の稲田浩二がどこまで底上げできるか。とにかく、絶対に目が離せない94期であります!
95期…孤軍奮闘の峰竜太は③④。パワーがやや劣勢な中で、健闘したといえるでしょう。とにかく、自力で踏ん張って成績を伸ばせば、それだけで優勝できるのがワンマンの強み。そのまんま東のように「しがらみのなさ」を生かしてほしいものです。

●明日の特注レース

1R…今日は惨敗の91期から①松村②久田⑤川上の3選手が参戦。好枠を利して1~3着独占までありえるぞ。
6R…こちらは好調な87期から②吉田宗③出畑⑤山崎の主力級が登場。1号艇の萬、V候補⑥石野という強力な90期に立ち向かう。
7R…①大久保②吉村の88期VS③原田④吉田俊⑤松井の86期でガチンコ抗争。漁夫の利を狙うのは真ん中87期の⑥中村尊。
8R…①市橋③山本⑤幸田の年長86期が奇数艇を占めて波状攻撃。独占を狙う。
9R…こちらは③松下④吉永⑤木村の88期がセンター連結。「三本の矢」で強力な攻めになりそう。
11R…①森永②吉田俊④柳沢⑤東本と好調な86期がなんと4人も集結。これだけ揃うと、かえって喧嘩になったりして……。
12R…孤軍奮闘の95期・峰竜太に試金石の6号艇1回走り。勝てば文句なしの区間賞、大敗すれば最下位に(笑)。(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (3)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
競艇ブログ 2007ネット競艇日記 G1大村新鋭王座決定戦 峰竜太選手Today(1/23) 【インターネット競艇実験日記】
峰竜太選手 G1大村新鋭王座決定戦に臨みました。 初日は1R5号艇・8R2号艇で 続きを読む
受信: 2007/01/23 19:48:17
新鋭王座決定戦 【舟券の法則】
さすがはイン天国「大村競艇場」初日のインコース7勝2着4回、11回の2連対とほぼ完璧な内容で、近年のイン1着率は42%と全国1位の異常値を記録しているだけのことはあるな! コレは、予想する上で「誰が逃げる」が最大のキーポ... 続きを読む
受信: 2007/01/23 23:20:53
『しげ爺の新鋭王座決定戦予想』 2007/01/24 【しげ爺の競艇予想】
管理人のしげ爺じゃ。 当ブログは、『人気brogランキング』  『にほんブログ村』 に参加してるぞ。 読者の皆さんの協力が必要なので、下記画像のリンク先をポチっと頼むぞ。 わしの予想で楽しめた方は、是非ポチっと・・・ ↑が少し上昇。わしも嬉しいわ... 続きを読む
受信: 2007/01/24 8:01:40
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません