この特集について
ボートレース特集 > 特別企画「同期の桜」最強決定戦 4日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

特別企画「同期の桜」最強決定戦 4日目

石野、赤坂、長野の活躍で90期がトップに!!

2007_0126_10r_008  かっ飛ばしました88期、吉村・吉永・三井所の逃げ3発に伏兵の谷津、木村(ボーナス120点)まで勝って、なんとなんと5勝!の大爆発。この勢いのまま8人中4人が準優に駒を進めました。が、この88期のポイントを上回ったのが90期。長野(6コース)石野(5コース)がまくり差して、ともに120ポイントをゲット。地元の赤坂も①③着としっかりまとめて区間賞をもぎ取りました。節間ポイントも88期と90期が一歩抜け出しております。
 逆に古参の86・87期はどうしたことか、次々と後輩の引き波に呑まれて準優突破ラインからから脱落する選手が続出しました。特に高い安定感を誇っていた86期は11人ともに未勝利に終わるという悲惨さ。本当に、競艇は何が起こるかわかりません。
 一方、予選突破が心配された94期の岡崎と古賀はしっかり勝負駆けを成功させて復調気配。95期で孤軍奮闘する峰リューも3連続区間賞こそ逃しましたが、着をまとめて準優入りを果たしています。

●第4区(4日目)の成績

   人数 出走数 1着 連率 3連率 総得点 ポイント※ 節間平均(順位変動)
86期  11  14   0   29%  50% 290点  21P    30P③→⑥
87期  9   12   2   17%  25% 250点  21P    27P③→⑦
88期  8   12   5   58%  75% 680点  57P    40P②→①
89期  5   6    0   0%   33% 60点   10P    17P⑨→⑨
90期  5   7    3   57%  71% 420点  60P   40P③→①
91期  6  10    1   20%  30% 180点  18P    20P⑧→⑧
92期  3   5    1   40%  60% 180点  36P    34P③→④
94期  3   4    0   50%  75% 130点  33P    33P③→⑤
95期  1   2    0   50%  50%  50点    25P     38P①→③
※ルール/1着100点(4コースより外で勝った場合のみ、ボーナスとして+20点)、2着50点、3着30点を各期ごとに加算して出走回数で割ったもの。

●第4区の期別ハイライト

2007_0126_11r_006 86期…まさかの未勝利。勝てなかったばかりか、災難も続きました。11Rでは準優当確の森永が振り込んで同期の市橋と衝突。森永は減点を喰らいつつもセーフでしたが、市橋は圏内から予選落ち。12Rでも安全圏の東本が転覆(準優はギリギリセーフ)。5着条件の松井もまさかの6着で予選落ち……本当に散々な1日でありました。準優進出/11人中4人、進出率36%
87期…これまた絶不調。地元の石橋がいきなりFを切ったのが響いたか。福島と荻野が勝ってなんとか面目は保ちましたが、12走で着外が9回は惨敗といえるでしょう。準優進出/9人中2人、進出率22%
88期…本当に頑張りました。12走して着外が3。87期とは正反対の活躍ぶりです。しかも区間新記録の5勝ですからね。枠が良かったという幸運もありましたが、準優に弾みが付くことは間違いなさそうです。準優進出/8人中4人、進出率50%
89期…予選の最後まで実力を出し切れませんでした。本当に目を覆うばかりの低パワーで、運がなかったとしかいいようがありませぬ。そんなツンドラ地獄の中で、江夏が節間3位の成績で予選を突破しました! 結束の固い89期のこと、他の面々は縁の下の力持ちとして江夏をバックアップすることでしょう。予選進出5人中1人、進出率20%
90期…石野と赤坂は実力を如何なく発揮しましたね。長野もアウトまくり差しの大技を決めて今節2本目の万シューを提供しました。勢いはうなぎ上り。明日も敗者戦から準優まで目が離せない存在です。あ、上位パワーの長野が次点に泣いたのは残念でした。準優進出5人中2人、進出率40%
91期…今日もムラ駆けでした。川上、林、松村が予選突破に挑戦して惜しくも届かず。安定感のなさが最後まで響いて、唯一準優突破のない期になってしまいました。お疲れさまです! 準優進出6人中0人、進出率0%
2007_0126_04r_018 92期…逆に勝負強かったのが毒島。連日朝イチで水面に飛び出す気合いそのままに③①で勝負駆けに成功。パワーも上昇して明日が楽しみになりました。エースパワー大峯もなんなく2着で予選突破。競り勝つことは多々あっても、いちども競り負けない24号機のレース足は驚愕に価しますな。準優進出3人中2人、突破率67%
94期…スーパールーキーの岡崎と古賀が苦しみながらも予選を突破しました。10Rの古賀が凄かった。5号艇から並いる先輩を尻目にイン強奪!「あれ、なんでここに上瀧が!?」と目を疑うほど師匠にそっくりな前付けで、しかもしっかりSを決めたのだから20歳の領域を超えています。今日、久しぶりに超個性派の新人が誕生したといってもいいでしょう。明日の準優は4号艇、進入から目を離せませんよ! 準優進出3人中2人、突破率67%
95期…スーパールーキーといえば、この男も忘れてはいけません。たったひとりの参戦で準優3号艇をゲット! 今日の5Rでもシャカリキ絞りまくりに出るという危険を冒しましたが、それこそが器の大きさの証明といえるでしょう。岡崎、古賀、峰リュー、競艇の未来を担う3人の予選突破、心から祝福します。準優進出1人中1人、進出率100%!

●準優の見処

10R
2007_0126_05r_015  1号艇から89、92、95、90、94、86ときれいに分かれました。しかも、86期の東本以外は若い! このフレッシュな顔ぶれは「未来の智也&憲吾決定戦」になるかもしれませんね。21歳の峰リューと20歳の岡崎の対決も見逃せません。怪物24号機を駆る大峯もいます。89期の期待を一身に背負う江夏が1号艇です。地元で唯一予選を突破した赤坂もいます。そして、唯一の卒業シリーズである東本も! 背水の陣で走るこの先輩が、アウトから黙って後輩の好きなようにさせるか……? と、とにかく準優の中ではいちばん難解かつ楽しみな一戦です!

11R
2007_0126_10r_041  う~ん、水神様の悪戯か。こちらは1号艇から87、88、87、94、86、88と86~88期の年長組がギッシリ5人。その中にポツンと超新人の94期・古賀が迷い込んだ形です。出畑、山崎、山本は卒業シリーズ。是が非でも勝ちたいこの面々に、古賀は明日も上瀧譲りの前付けを敢行するのでしょうか。行ってほしい! たとえ80mの起こしになっても「俺はイン屋になるんじゃ、打倒・上瀧和則なんじゃ~!!」と雄叫びをあげてほしい!

12R
 1号艇から88、86、90、86、88、92。偶数期が揃って86期と88期は2人タッグ。そして、ここにも上瀧の愛弟子がいました、1号艇の三井所! もちろん、佐賀の先輩・森永が来てもインを譲る男ではありません。でも、森永と吉田俊はこのシリーズが最後。「三井所、お前にはまだ来年がある!」とばかりに進入から攻めて三井所を深インにするかもしれませんね。で、漁夫の利を得そうなのが90期の石野か92期の毒島とみました。
(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/13667749
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません