この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 3日目!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 3日目!

 本日も出ました! 水神祭でございます。今日は3名!
Cimg2316  まずは、5Rで待望の初勝利をあげた、松下直也。魚谷智之の愛弟子であります。ヒゲが渋い松下選手、競輪の山口幸二選手に似ていると思うのは、私だけでしょうか。
Cimg2322  どういうわけか、水神祭が行なわれたのは、6R終了後。近畿勢がほぼ勢揃いで、松下の初勝利を祝います。ワッショイスタイルで高々と持ち上げられて、「ちょい待って、ちょい待って!」とビビっている松下。すると、「大丈夫、満潮やから」と容赦ない声がかかって、投げ込む準備でございます。ちなみに本日の満潮は15時39分、11R発売中でした(笑)。
Cimg2325  1、2の3で行くぞー、それ、1、2の3! と声がかかって、ドッボーーーーーン。思い切り背中から水面に落ちていった松下、水面に顔を出したときに、さすがにちょっと痛そうな顔をしておりました。それを見て、笑う近畿勢。そのたくさんの笑顔に、松下はもういちど水面にもぐっていったぞ。そして、両手だけを水面上に掲げて、ピース! その後も、冷たいはずの水の中を、気持ち良さそうに漂っている松下でした。あぁ、本当に嬉しかったんだなあ……と思っていたら、そんな松下を見た近畿勢は、「さ、解散!」と松下を水中に残して散り散りに(笑)。あはは、優しい仲間たちっすね、ほんまに(もちろん、その後はちゃんと松下を助け上げてましたよ)。
 松下選手、おめでとう。この喜びを忘れずに、明日からも頑張ってください!

 で、皆様、本当に申し訳ございません! 実は、あとの2人の水神祭、間に合わなかったのです……。2Rで勝利を収めた長野壮志郎の水神祭は9R後に行なわれたのですが、私も中尾カメラマンも別の仕事に忙殺されていてピットに行けず。6Rで初勝利の大峯豊の水神祭は10R後で、仕事を終えた私は猛ダッシュでピットに駆け込んだのですが、息を切らして到着した私に、長嶺師匠の「クロちゃん、水神祭終わったで」との非常なお言葉が……。「大峯、レース後に猛ダッシュで帰ってきてなあ。空中で一回転しとったわー。ええ水神祭やったなあ」とのこと、レポートしていただいて恐縮です……。
Cimg2331  で、長野選手には、12R前に話を聞きました。
「ああ、ありがとうございます。うまいところに入れましたね」と、まずはニッコリ。ところが、「足はいいんですけど、乗り手がダメなんで……」としかめっ面。いえいえ、何をおっしゃいますやら! 明日は勝負駆け、もう一丁いきましょう! とはいえ、水神祭を果たしたのは、嬉しそうでした。
 大峯選手には、明日、話を必ず聞きます。ファンの方、本当にすいませんでした。

 ともかく、松下、長野、大峯の各選手、おめでとうございました! これからも大きな舞台で活躍できるような選手になってください!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません