この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 石野貴之、おめでとう!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 石野貴之、おめでとう!

 新鋭王座決定戦は、石野貴之の優勝で幕を閉じました! おめでとうございます! 今節は誰が勝ってもGⅠ初優勝。優勝戦後の水神祭は予約済みだったわけですが、その幸甚に浴したのが石野だったというわけです。

Ishino_1  表彰式→共同会見→JLC「ウィナーへの軌跡」収録、というSGと同じ流れを経て、いよいよ水神祭。吉永則雄、濱崎誠の大阪勢はもちろん、同期の赤坂俊輔や長野壮志郎、さらには古賀繁輝らも残って、石野を祝います。「寒いっすよ~」とちょっと渋りながらも、仲間に囲まれた石野はやっぱり嬉しそう。意気揚々と、すっかり静寂に包まれていたピットに向かいます。人の気配のないピットは、それはそれは寒かったっす、はい。
Ishino_2  さあ行きましょう。ウルトラマンスタイルで持ち上げられて、1、2の3で、ドッボーーーーーーーーン! あっ、濱崎誠も一緒に飛び込んだ! 水温は相当低かったはずですが、石野も濱崎も嬉しそうでありました。陸に上がると、ガッシリと抱き合う石野と濱崎。ピットには、選手仲間や報道陣の拍手がいつまでも鳴り響いていました。
Ishino_3  …………すると! 「すいませーん、もう一回ダメですか?」。なんと、水神祭を取り損ねたカメラマンさんが哀願してきました。石野は「えーっ!」ですが、周りは「よし、もう1回!」(笑)。仲間はすでに着替えを終えているため、びしょ濡れの石野を担ぎ上げるのはさすがに……、ということで、石野は仲間に突き落とされる形で、もういちど水面に飛び込んだのでした。「さみーーーーっ!」、石野選手、風邪ひかないでね!

 とにもかくにも、石野選手、おめでとうございます。総理杯でも、ハツラツとしたレースを楽しみにしていますよ!

Inada0013  あ、きょうはもうひとつ、水神祭があったんでした。4RでGⅠ初勝利の稲田浩二が、先輩の松井賢治のレース後(7R)、兵庫支部&94期の仲間の手によって、水面にドッボーーーーーンと投げ込まれました。これがまた、ものすごい衝撃を伴って投げ込まれたものですから、上がってきた稲田を見た吉田俊彦が「鼻血出てるーーーーっ!」(笑)。それでも、あまり表情を変えずにいた稲田、いやはや、なかなかの大物かもしれませんぞ。
Inada0395  稲田選手もおめでとうございます。また大きな舞台で会えるのを楽しみにしていますよ!(PHOTO/池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません