この特集について
ボートレース特集 > 峰竜太、水神祭!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

峰竜太、水神祭!

2007_0118_02_418  8R、峰竜太が2着に入って引き上げてくると、迎える佐賀勢には、水神祭(1RでGⅠ初1着を取っていた)の準備ムードが高まった。なにやら密談めいた話もされていて、「出る杭は打っとかなあかん」との笑い声も聞こえてくる。もちろん、冗談の言葉であるるには違いないが、それだけ峰の可能性の高さが認められたということなのだろう。
 モーター格納を終えたあと、いよいよ佐賀勢総出で水神祭! 「もっと高いところから!」との声も掛けられる中、ウルトラマンスタイルで峰が水面に放り込まれた! 勢いがありすぎて、途中でクルリと一回転半して背中から水面に落ちていくウルトラCである。
2007_0118_02_424  落下後には、峰の両足ピンと水面から伸びていて、まさに「犬神家の一族状態」を完コピ!!
 したたかに腰を打ちつけたダメージがかなり大きかったようで、なかなか水面から上がってこられず、「誰か、引き上げてやれよ」と“選手A”が笑って心配していたが、誰も峰のもとへは行こうとしなかったのだから、佐賀勢は実に温かい人たちである!? 結局、中尾カメラマンの手を借りて這い上がった峰は、「むちゃくちゃ痛かったです」と、赤くなった背中を見せてくれている。
 入浴するため、峰はいちど引き上げたが、ちゃんと体を暖められたのかと心配されるほど早く戻ってきて、挨拶回りに駆け回ったあと、すぐにペラ小屋に行って作業を開始している。こうした姿勢には本当に感心させられるばかりだ。
2007_0118_02_441  作業の合間を見計らい、「この節でいろいろ吸収できましたか?」と声を掛けると、「すごい勉強になりました! 後半良くなってきたのもよかったですね。いいペラもできたんで、いい感じで新鋭王座に行けます」と心強い回答をしてもらった。「新鋭王座には後半戦から取材に行くことになると思うので、準優には乗ってくださいね」と“注文”すると、「はい、頑張ります!」とニッコリ。どこまでも気持ちのいい若者、峰竜太の明日は、とことん明るい! (PHOTO/中尾茂幸 TEXT/内池久貴)

※優勝戦のレースリポートとピットリポートは、この後、編集作業をしてUPします。服部幸男の優勝です!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
競艇ブログ 2007ネット競艇日記 G1唐津 峰竜太選手Today(1/18)  【インターネット競艇実験日記】
峰竜太選手 唐津G1全日本王者決定戦 最終日の戦績です。 1R1号艇 8R6号艇 続きを読む
受信: 2007/01/18 20:32:42
【ストッパー毒島】優木まおみ杯はブス島&峰竜太G1水神祭 【ラリーズクラブ】
【唐津G1全日本王者決定戦最終日】  オープニングの1Rは2006年最優秀新人の95期峰竜太が1号艇。G1初1着の大チャンスとなるイン戦をきっちり生かす圧勝でG1初1着。 これで肩の荷が下りたのか峰竜太は後半8Rも5コース差しで2着に入り、8R終了後には水神祭が行われました。...... 続きを読む
受信: 2007/01/19 1:08:14
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません