この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 5日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 5日目

 5日目の本日は、水神祭ラッシュ!
 ……えっ? そんなにGⅠ初勝利が出たっけ、って? それがまあ、いろいろとありまして、なぜか水神祭がブーム状態になっていたんですよ。追い追い説明していきますが……。

_u4w0112_1  まずは、正調水神祭。2Rで見事、GⅠ初勝利をあげた幸田智裕の水神祭です。2回乗りだったため、後半8R終了後にお祝いの儀式は行なわれました。集合したのは、同期である86期生たち。卒業期に達成できたこともあってか、みな嬉々としてボートリフトに集結しました。
_u4w0120  その輪に飛び込んだ幸田は、ウルトラマンスタイルでぐいっと持ち上げられます。すると……「小林教官!」。島田一生が、本栖時代の教官である小林雅人氏(69期や82期を育てた名教官。現在は全モ連業務課長として、SGなどには仕事で訪れる)を呼び込みました。小林氏は格闘家のようなガタイをしているわけでして、幸田をグイッと持ち上げたら、あらら、めちゃくちゃ高い位置からの投擲ということになってしまいました。ビビる幸田、でも相手は恩師とでも言うべき(とっても怖い)教官ですから、逆らうわけにはいきません(笑)。というわけで、いきましょう。せーの、でドッボーーーーーーーン。幸田、めっちゃ痛そうにしてましたよ。
_u4w0131  しかし幸田選手、教官も参加の水神祭なんて、そうそう体験できるものではない。これはラッキーだったと僕は思います。これからもさらに活躍して、同期+教官を喜ばせてくださいね。おめでとうございます!

_u4w0122  さて、本日、いちばん最初に水面に投げ込まれたのは、実は久田敏之でした。3Rの1着を祝しての水神祭なんですが……久田選手はすでにGⅠ勝利をあげてますよね(昨年の桐生周年)。それなのになぜ……。どうやら「新鋭王座初勝利」を祝う水神祭ということのようですね。同期の91期生たちを中心に、この前代未聞の水神祭は執り行なわれました。 今節が始まった頃には、まさか水神祭をやるとは思わなかったはずの久田選手、しかし容赦なくワッショイスタイルで持ち上げられて、せーのでドッボーーーーーン! いやあ、よく飛んだなあ……。
_u4w0130  岸に泳ぎ着いて、助け上げられると、カツラのように海藻を頭にかけられた久田選手。だはは、思い切り遊ばれてますね。ともかく、新鋭王座初勝利、おめでとうございます。来年も、この舞台で会いましょう!

Img_9853_1  つづいては、川上剛の水神祭。7Rでイン逃げを決めて、今節2勝目……ん? よく考えれば、これは何の水神祭? 新鋭王座もGⅠも、すでに勝ってるのに……。というわけで、ごめんなさい。明日、川上選手に確認しておきますので、今日のところはすいません。なんか、みんなが嬉しそうにしてるんで、思わず一緒に喜んでただけなんですよねえ……。
Img_9865 川上はウルトラマンスタイルでの水神祭。せーの、でドッボーーーーーーン……なんですが、ハイライトはこのあとにあったんですね。水中に吸い込まれていった川上選手が浮かび上がってくると、あ、歯が出てるーーーっ! これは、江夏満が開会式でつけていたヤツではありませんか。水の中で装着して、水面から顔を出した瞬間に出歯になってるなんて、なかなかやるじゃないっすか、川上選手。
 ともかく、今日の勝利おめでとうございます。まだまだ勝ちまくってくださいね。って、明日も勝ったら、また水神祭やるんだろうか……。

_u4w0046 最後は、江夏満の水神祭です。こちらは準優勝戦10Rを見事に1着で通過して、GⅠ初優出の水神祭であります。こちらは福岡勢が中心になって、明日の優勝祈願も兼ねての水神祭ですね。周りからは「歯は?」と、川上選手のつけた歯を装着するようせがまれてましたが、レース後はインタビューやら会見やらに忙しく、持ってくることができなかったようで、自前の歯(笑)のみでの水神祭となりました。って、それが普通なんですが。
_u4w0057  ワッショイスタイルで持ち上げられた江夏、せーの、でドッボーーーーーン! なぜか両手を拝むように合わせていた江夏、まるで背泳ぎの飛び込みのようなスタイルで、水中に消えていきました。
「明日も勝って、もう一度、投げてもらいます!」
 そう、本番は明日です! 今節2度目の水神祭、見せてくださいね!

 というわけで、本日は4人が水面に投げ込まれました。昨日までに比べて、かなり冷え込んだ今日、水は冷たかったに違いないのですが、しかし嬉しい儀式には違いありません。みなさん、今後もますます頑張って、次はSGの水神祭を見せてください。(PHOTO/山田愼二=川上 池上一摩=幸田、久田、江夏 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません