この特集について
ボートレース特集 > 特別企画「同期の桜」最強決定戦 5日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

特別企画「同期の桜」最強決定戦 5日目

 いよいよ大詰めです! 準優リポートは姫園記者に任せるとして、こちらは一般戦も準優も一緒くたの期別決戦。「同期の桜」大賞はいよいよ88期と90期に絞られましたね。5日間を終えて88期の平均ポイントは38・7P、90期が38・6P。その差0・1ポイント!という大接戦です! なお、第5区の区間賞は今までムラ駆け続きだった91期が怒涛の波状攻撃で初奪取。節間順位は8位のままですが、準優進出できなかったウップンを晴らすとともに、一矢を報いることができました。

●第5区(5日目)の成績

   人数 出走数 1着 連率 3連率 総得点 ポイント※ 節間平均(順位変動)
86期  11  15      33%  47% 500点  33P     31P ⑥→⑤
87期  9   14   2   29%  43% 360点  26P     27P ⑦→⑦
88期  8   11      36%  45% 380点  35P    38・7P①→①
89期  5    8    1   38%  75% 290点  36P     21P ⑨→⑨
90期  5   6    1   33%  50% 200点  33P    38・6P①→②
91期  6   10    2   40%  60% 380点  38P    24P  ⑧→⑧
92期  3   3    0   67%  67% 100点  33P    33・5P ④→③
94期  3   4    0   0%   25%  30点   8P    28P  ⑤→⑥
95期  1   1    0   0%   0%    0点   0P    32・9P③→④
※ルール/1着100点(4コースより外で勝った場合のみ、ボーナスとして+20点)、2着50点、3着30点を各期ごとに加算して出走回数で割ったもの。

●優勝戦の見処

①出畑  87期・福岡
②三井所 88期・佐賀
③江夏  89期・福岡
④大峯  92期・山口
⑤石野  90期・大阪
⑥山本  86期・岡山

2007_0127_12r_016  完全に分断しました。同期のシガラミがまったくないファイナル。このコーナーでも1区~3区あたりまで大激戦でしたからね。それを象徴するような、まさに“仁期”なき戦い。学校でいうなら本栖で育ったのが山本と出畑。やまとで育ったのが江夏、石野、大峯。そして、どちらにも在籍したのが三井所ということで、こちらも見事に分かれました。
 で、今シリーズで卒業するのが出畑と山本。1号艇をゲットした出畑は同期こそいませんが、2、3号艇に九州勢が入ったのは心強いはず。枠なりでスタート同体なら三井所は差し、江夏はエース大峯をブロックしながら握ると思われます。山本は前付けよりも、伸び~~る大峯&石野のセンター勢に乗って展開を待つほうが勝機があるはず。
 私個人としては、「同期の桜」大賞を競い合っている88期と90期の決着になることを願っております。本予想とは別に、2=5を押さえるとしましょう。(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)

2007_0127_12r_053


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/13679220
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません