この特集について
ボートレース特集 > 松井繁選手、寄付活動により表彰
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

松井繁選手、寄付活動により表彰

 オーシャンカップでの復活V、そして賞金王決定戦制覇と、06年の艇界を席巻したのが“王者”松井繁。今年も艇界を席巻すべく、ここ平和島にも先ほど颯爽と登場した王者ですが、先の賞金王での優勝賞金の一部(50万円)を「ハンセン病制圧競艇チャリティ基金」されました。その寄付活動に関する感謝状が、モーター&ボート抽選の前に行なわれました。

2007_0314__132_1 ハンセン病制圧競艇チャリティ基金は、ハンセン病制圧活動への協力を目的に、選手が中心と01年に開設されたもので、毎回大盛況となっているチャリティオークションの売上などが寄付されている。ビッグレースの優勝者からの寄付は、松井選手で3人目となる。

 競艇チャリティ基金委員会と笹川記念保健協力財団の連名となる表彰を受け、選手仲間からも大きな拍手を浴びた松井選手でした。

松井選手コメント「我われモーターボート選手は、もともとチャリティーや施設の慰問など、年間を通して、個人レベルであったり、有志によるものであったり、形を問わず積極的に行っています。
 今回の寄付につきましても、その一環ではありますが、この業界に身を置く一人として、業界が推進している公益福祉事業の一つである「ハンセン病制圧事業」へ協力をしたいと思っていたところであり、年末の賞金王決定戦競走・優勝を機に、賞金の一部50万円を寄付させていただきました。
 ハンセン病患者や回復者の自立支援や尊厳回復等に、少しでも役立てていただければ、と思います」

(PHOTO=中尾茂幸)

2007_0314__139 ←松井選手と、競艇チャリティー基金委員会・野中和夫委員長、笹川記念保健協力財団・松本源二事務局長


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/14270029
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません