この特集について
ボートレース特集 > 「逃げ」はゼロで勝負駆け後半へ――4日目前半戦終了
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

「逃げ」はゼロで勝負駆け後半へ――4日目前半戦終了

 昨日ほどではないものの、今日も強い追い風模様の平和島水面。勝負駆けデーということで激しいレースが繰り広げられております。

2007_0318__808  前半6レースは、昨日までと同様に逃げが決まらない状態。4Rでインの坪井康晴が勝ったものの、飯島昌弘とのデッドヒートを制してのもので、決まり手としては「抜き」。「逃げ」はゼロで前半戦が終了することになった。対してまくり系は、「まくり」が2、「まくり差し」が1。勝負掛かりの選手が“自力勝負”に出ていることも、さらにマクリ水面化をうながしているようだ。すべての決まり手はまくり2、まくり差し1、抜き2、恵まれ1となっている。

 なお、6Rで新美恵一と髙濱芳久が残念ながら勇み足。前日まで予選8、9位の両者が戦線を去ることになった。これも勝負駆けの厳しさのひとつ。後半戦は激しいながらも無事故のレースを祈ろう。
(PHOTO=中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません