この特集について
ボートレース特集 > 6日目! 優勝戦!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

6日目! 優勝戦!

おはようございます。いよいよやってまいりました、今年最初のSGのファイナルバトル! 総理大臣杯優勝戦でございます。植木通彦、11回目のSG制覇なるか。それとも、濱野谷憲吾の久々のSGVが見られるのか。はたまた三嶌誠司のSG2勝目があるのか。そして、総理大臣杯といえば、過去に多数のSG初優勝を生んできたレース。瓜生正義がついに無冠を返上できるのか、それとも吉田弘文が好機を活かして突き抜けるのか、あるいは井口佳典が85期2人目のSG覇者となるのか。いや~~~~、楽しみっすね! 平和島は今日も向かい風。気温は昨日より上がるという予報です。さあ、行こう、総理大臣杯

2007_0320_10r_015 本日の一発目は、鎌田義! 昨日の準優勝戦では、残念ながら敗退。レース後、唇をギュッと結び、うつむいて悔しさを噛み締める鎌田を見ました。そして鎌田は、グローブを外して、床に投げ捨てた。叩きつけたというほど強く投げたわけではなく、しかし敗戦の哀しみをその行動に込めていたように思えました。時間にすれば、ほんの十秒ほどだったかもしれませんが、身動きひとつできずにいた時間もかなり長く感じられたものです。もちろん、その間には周囲の選手と口も利いていませんでした。僕は、こうした悔しがり方というのは、たまらなくカッコいいと思う。悔しいときに己と向き合うことができる、その強さが素敵だと思うのです。今日は、俄然、鎌田を応援したくなりましたね! なんてったって、まだ水神祭を果たしていないのです。今日はぜひ勝って、華々しく、水面に飛び込んでいただきたい! カマギー、頑張れ! 優勝戦の前に、まずはあなたに注目させてもらいましょう!

というわけで、優勝戦も、それ以外の11Rも、おおいに楽しみ、盛り上がっていきましょう! SGの感動を全身で味わいましょうね!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません