この特集について
ボートレース特集 > H記者の「名人戦・前検を斬る!」はずが……
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の「名人戦・前検を斬る!」はずが……

2007_0416__120  Hです。弱った。ほとほと弱りました。さすが30年戦士というべきか、まるで足合わせをしてくれないんですよ。みんなほぼ単走、チラリと合わせたようでもホーム水面の半分だけ、とか……10m前後の強風が吹き荒れ1マークのうねりも半端なくて足合わせにならない。そんな理由もあるのでしょうが、どちらかというと「他のヤツと合わせんでも、走った感触とエンジンの音で調子くらいわかるわい!」そんな自信と気概を感じました。たかだか舟券10年選手のぺーぺー(私)にそれを読み取る力があるわけもなく、ただただスタンドに佇んでいた次第であります。
 とにかく、ホームからバックまでなんとか併走したのは6ペアのみ。これではパワー番付を決めるわけにはいきませぬ。その少ないサンプルで無理に評価を下すなら、
●良く見えた選手…井川正人、河合良夫、桑原淳一
●ヤバっぽい選手…新良一規
 これくらいですか。はあぁぁ、モーターは下ろしたて、足合わせはサンプル不足、こうなると選手自身のコメントしか頼れませんな。私、明日はほとんど舟券は買わずに朝からの試運転と実戦をしっかりチェックして、より正確なパワー診断を導き出すことに腐心いたします。
 あ、前検時計が出たので上位と下位をアップしておきます。
●上位
①陶山秀徳 6・77
②富山弘幸 6・78
③原由樹夫 6・79(写真上)
④井川正人 6・80
⑤山口博司 6・81
⑥荘林幸輝 6・82
⑦原田順一 6・83(写真下)
 平野勇志
⑨水野 要 6・84
 小林昌敏
●下位
①古谷 猛 7・12
②小泉秀人 7・11
 吉田 稔
④石川正美 7・10
 関 忠志
⑥沖口幸栄 7・08

2007_0416__213  まあ、この時計にしても渦巻くような強風の下での記録ですから参考程度に留めるべきでしょう。ただ、トップ時計を出した陶山の68号機はすでに実戦で抜群の展示タイムとレース時計を誇っており、信頼できる数値かもしれません。陶山は数少ないB1級のひとりですから、明日(1R④と8R③)は思わぬ大穴を提供するかも、です。要注意!
 ではでは、実に頼りのないレポートになってしまいましたが、明日以降の続報にご期待ください。6日間、水面で火花を散らすオッサンやお爺ちゃんたちに負けないよう、頑張りましょう!(Photo/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
準優へ 峰竜太選手 尼崎競艇場Vol-4(4/16) 【インターネット競艇実験日記】
尼崎競艇場第18回ささはら賞 4日 予選3日目を終えて得点率2位につけている峰竜 続きを読む
受信: 2007/04/16 19:17:23
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません