この特集について
ボートレース特集 > 競艇殿堂表彰式 偉大なる名選手たちに感涙……
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

競艇殿堂表彰式 偉大なる名選手たちに感涙……

 開会式&ドリーム戦インタビュー終了後、本日はスペシャルイベントが行なわれました。 競艇殿堂表彰式。
 ハッキリ言って、感動しました。

2007_0417__005  競艇殿堂をおさらいしておきましょう。選考委員会によって「通算2000勝以上」「SG覇者」「委員会推薦」の51名がノミネートされ、ファン投票によって10名が競艇殿堂入りとなるというこの企画。見事、殿堂入りを果たしたのは
倉田栄一
北原友次
岡本義則
小林嗣政
長嶺豊
安岐真人
黒明良光
中道善博
松田雅文
鈴木弓子
 の、競艇史に名を刻む、偉大なる元選手たちでありました。その殿堂入り表彰式が、本日、大村競艇場で行なわれたわけです。なお、惜しくも選に漏れてしまった41名も「競艇マイスター」の称号を贈られます。
 
2007_0417__153   残念ながら、倉田さん、岡本さんは所用により列席できませんでしたが、あとの8名がステージ上に登場。まずは、この段階で私、ウルウルでした。競艇を支えてきた名選手たちが、こうして大々的に称えられる。そしてみな、感無量の面持ちで誇らしく舞台に立っている。素晴らしい瞬間ではありませんか。個人的には、小林さんを見ることができたのが嬉しかったなあ。先輩の記者さんに聞くと、現役時代の小林さんはそれはそれは怖かった、と。その小林さんがにこやかに笑ってるのを見て、むしろ現役の頃に小林さんがどれだけプロ意識をもっていたのかが想像されました(司会の荻野さんも「柔和なお顔になられましたね」と言ってましたね)。
2007_0417__164  もちろん、他の7人の嬉しそうな表情にも、ただただ感激でした。長嶺さん、中道さんには日頃からお世話になっているし、安岐さん、松田さんには競艇場でお会いするたびに、優しくお声をかけていただいている。でも、今日はいつもと違って見えました。そう、かつて彼らの舟券を握り締めて絶叫していたことを思い出したんですね。大選手が、その功績を称えられる場に、今こうして立っていることが、本当に素晴らしいことだと思いました。俺、すごい人たちにお世話になってるんだあ……という幸福も感じましたねえ。そんななか、妙にはしゃいでいる中道さんにも笑わせていただきました(なぜかトロフィーをステージのせり出している部分に置きに行ったり、隣の黒明さんとニコニコで談笑してたり)。
 殿堂入りの栄誉を得られた皆さん、本当におめでとうございます。あなたたちは、我々競艇ファンの誇りです! この瞬間に立ち会えたことは、本当に幸せでした。
 いやあ、本当にいいイベントでしたねえ。これは、10R発売中に行なわれるエキシビションレース、さらに楽しみになりましたぞ!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
田中亜弥現役アナウンサー 実名AVデビュー AV画像公開! 【田中亜弥現役アナウンサー 実名AVデビュー衝撃画像!動画!!】
またしても女子アナ界に衝撃!なんと現役アナウンサー田中亜弥が実名でAVデビュー! 田中亜弥(たなかあや)生年月日 : 1979年08月20日 出身地 : 東京都... 続きを読む
受信: 2007/04/17 19:31:24
コメント