この特集について
ボートレース特集 > 『怪物』17号機は三嶌の手に!!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

『怪物』17号機は三嶌の手に!!

Hg1u0013  12時すぎから、いつもよりも熱気のこもったモーター抽選会が行われた。というのも、今節は下ろしてから5節使って3優勝!連対率68%!!という超ウルトラ怪物モーター17号機が存在するのだ。他にも連対率50%を超えるモーターが4機もあるのに、記者の間でも選手の会話でも話題は17号機一色。特に前々節、田中信一郎が圧倒的なパワーを発揮して優勝し、「17号機を笹川賞までとっておきたかった」と言ったという逸話もあって、選手たちの会話も弾む。
「誰かいな~」
「ワシには来んやろな~」
 など、あちらこちらで囁きが聞こえたのだが、あっさり3番目くらいにガラポンを回して怪物を射止めたのは三嶌誠司だった。
ウオォォォォという歓声とウグゥゥゥゥゥみたいな呻き声のようなものが入り混じる。選手班長の倉谷和信が茶目っ気たっぷりに「どや、嬉しい?嬉しいやろ?」と促すと、三嶌は言葉の替わりに豪快に相好を崩してみせた。
Hg1u0096  50%を超えている機をゲットした選手は
●17号機68%…三嶌誠司
●26号機59%…菊地孝平
●11号機56%…仲口博崇
●53号機56%…寺田千恵
●70号機54%…今村豊
 中でも要注意は仲口の11号機。前節はB1の小島幸弘が432432232と勝ち星こそなかったが抜群の安定感を披露しており、仲口にとっては気合いの入る好モーターだ。テラッチの53号機は前節に松井繁が1212421③で複勝率をアップさせたもので、鵜呑みにはできない。「53番」と聞いたときの松井の表情にも変化はなかったな。
 この他でマークするなら、湯川浩司の71号機と白井英治の20号機とみた。湯川はパンッと手を合わせてから71号機を引き当てたのだが、その瞬間に石野貴之が「そりゃ、え~でっせ!」と叫び倉谷も「湯川、赤丸やで~!!」。白井のほうは地元の記者たちから「隠れスーパーエースモーターや」と聞いて「マ、マジッすかっ!!」とガッツポーズを見せていた。とりあえず、ここで取り上げた7人の選手&モーターはしっかり足合わせからチェックしておきたい。(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)

Hg1u0067


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/15231212
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません