この特集について
ボートレース特集 > 勝手にグループ対抗戦!2日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

勝手にグループ対抗戦!2日目

 さてさて、「勝手にグループ対抗戦」は2日目を終えました。まずはメンバーをおさらいしておきましょう。

①ドリームチーム/松井、智也、憲吾、ユーユー、魚谷、瓜生
②ザ・賞金王ズ/服部、太田、市川、信一郎、辻
③前付けブラザーズ/西島、金子、江口、今村暢、倉谷、上瀧
④ザ・ウオッカズ/日高、寺田、海野、横西、田口
⑤銀河&アンドロメダ軍団/井口、田村、丸岡、湯川、岡崎、峰
⑥新鋭キングズ/今村豊、昭生、烏野、幸哉、中野、石野
⑦SGウイナーズ/平石、濱村、三嶌、山本、池田、赤岩、坪井、菊地
⑧無冠の帝王軍団/星野、森、川﨑、松本、仲口、木村、馬袋、吉川、鎌田、白井

 で、昨夜から26人の読者が予想クイズに参加してくれたのですが、その集計結果は……
【設問1】優勝-準優勝の枠単予想
②-① 6票
①-⑦ 4票
①-② 3票
①-①、⑥-① 各2票
①⑤、②⑧、③②、④②、④④、⑤①、⑥①、⑦①、⑦⑦、⑧①各1票
 ①-②ではなく②-①が1番人気!「人気はドリーム組でも、実力は賞金王組」というところでしょうか。それにしても、「③前付けブラザーズ」の人気のないことよ。今日は上瀧の連勝も含めて5勝してるんでっせ~!! 女子レーサー同士の④④には、深い共感とともに笑わせていただきました。
【設問2】節間の勝率トップ予想
①5票②7票③0票④3票⑤3票⑥1票⑦7票⑧0票
「②賞金王ズ」と、昨日トップだった「⑦SGウイナーズ」が同点トップ。でもって「③前付けブラザーズ」と「⑧無冠の帝王軍団」がゼロっすか。ええんでっか、この人気薄の2グループで今日は7勝も稼いでまっせ~!!

 というわけで、気になる節間勝率ランキングは……

【2日間の成績】
                    初日勝率    2日間勝率  勝者
①ドリームチーム…………… 5・17(4位) 5・33(4位)瓜生
②ザ・賞金王ズ………………6・33(2位) 5・46(3位)
③前付けブラザーズ…………3・75(8位) 5・06(5位)上瀧(2)・倉谷・江口・暢孝
④ザ・ウオッカズ……………  4・50(5位) 4・21(8位)
⑤銀河&アンドロメダ軍団…  5・45(3位) 5・53(2位)
⑥新鋭キングズ………………4・12(7位) 5・06(5位)昭生・幸哉
⑦SGウイナーズ………… 6・61(1位) 6・04(1位)赤岩・菊地
⑧無冠の帝王軍団…………  4・50(5位) 4・41(7位)馬袋・白井
 なんとなんと、人気薄の③前付けブラザーズが5勝の固め打ち!昨日の最下位から見事な巻き返しで5位まで浮上しました。1号艇が4回というのも幸いしたようですが、このグループの特長は「枠番不問」ですから、明日以降も目が離せませんぞ。
 昨日トップの⑦SGウイナーズは、今日も2勝と無難にまとめてトップを堅持。唯一6点台をキープして独走態勢を築きつつあります。
 不気味なのは、やはり①ドリームチーム。順位こそ4位のままですが、瓜生のピンや松井の2・3などでジワ~リ上位に近づいております。

【勝手に三賞】
★殊勲賞/前付けブラザーズ
2007_0530__393  これは文句なし。「狙ったインは逃さない!」という気合いでピンを量産しましたね。特に4R、3号艇から楽々とインを奪って逃走した上瀧の姿は、このグループの象徴ともいうべきもの。今日のMVPもエースのジョーで決まりです。
 さらには倉谷の渋い差し、江口らしい抜き、暢ちゃんの逃げ……前付けだけでなく、イブシ銀の技を堪能できた1日でもありました。ただ、残念なのは西島で、ひとりゴンロクと足を引っ張ってしまいました。明日以降の巻き返しに期待しましょう。
★敢闘賞/新鋭キングス
 5Rで5コースから一気の絞りまくりを決めて10万シュ~を演出した山﨑昭生。痺れましたね~。昭生さんは渋い粘りが身上のように思えますが、実は勝ったときの決まり手は「差し」より「まくり」の方が圧倒的に多いんです。今日のインタビューでも「迷いはなかったか?」という質問に「スリットで出ちゃいましたからね」と飄々と答えておりました。アウト水域でも昭生を見くびるな。今日の教訓です。
★技能賞/ドリームチーム
2007_0530__112  松井のアウト6コースからのまくり差し、瓜生の水を切り裂くような鋭角差し、憲吾のなんとな~く2・3着にまとめてしまう安定感。そして、昭生のまくりに飛びついてバランスを崩したのに4着まで追い上げた魚谷の気迫……明らかに他のグループとは違うオーラを発しておりました。
 気がかりは、まったく伸びない智也と、スランプにはまっているユーユー。特にユーユーは重症です。7R、スリットで覗いていたユーユーは、外から白井が攻めてきた途端に亀が首を引っ込めるように減速して差しに回りました。これはいけない。去年のユーユーなら白井のまくりに合わせて先に仕掛けるなり、ダメもとで飛びつくなり(魚谷のように)していたはず。厳しく言えば、ファン投票4位の意味がわかってませんね。あの勝ち目のない大アジャストは、投票したファン、舟券を買っていたファンを冒涜する失態でした。ユーユー、それほど自信を失っているのなら、初心に帰ってアウトから握って握って握りまくるレースに徹しなさい。それならファンも納得するはずです。

【明日の特注グループ】
2007_0530__039 A/ザ・ウォッカズ
 前半5Rまでに①テラッチ②奏恵②海野①田口と好枠が鈴なり。準優が狙える海野と田口はもちろん、4人がかりで一気に勝率をアップするチャンス。ウオッカズの応援団は迷わず狙うべし!
B/ドリームチーム
 ついつい叱ってしまった絶不調ユーユー、節イチの噂が流れはじめた瓜生、逆にまだまだ整備途上の智也。この3人が1号艇をゲットしました。人気を独占する1号艇で勝ってこその笹川賞ドリームチーム。健闘レベルではファンは納得しません。石に齧りついてでも3連勝するが彼らのノルマなのです。頑張れ、ユーユー!

C/銀河&アンドロメダ軍団
 岡崎・峰・湯川の3人が1号艇をゲット。パワーが上昇している岡崎、リズム抜群の峰リュー、完全に仕上がった湯川で1号艇・3連勝までありえます。で、その代償として3人ともに漏れなく6号艇もプレゼントされていますが、アウトこそがこのグループの真骨頂。両極端の枠でどれだけ勝率を伸ばせるか、しっかり見届けるとしましょう。(Photo/中尾茂幸、Text/笹川賞特設チーム)

2007_0530__483


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/15257044
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません