この特集について
ボートレース特集 > 追い風が、そして神風が吹いた――優勝戦私的回顧
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

追い風が、そして神風が吹いた――優勝戦私的回顧

 11R終了直後、無風だったコンディションは、優勝戦前に2mの追い風に変わった。そしてその“追い風”は、すべて1号艇の瓜生正義に向いていた。
 白井英治が一般戦と特選B戦を連勝した。今日、彼と走った選手たちは、レース後こう口を揃えた。
「モーター出過ぎだよ~! もったいないなあ!!」
 昨日の準優勝戦、白井自身が「肩に力が入りすぎた……」と悔やんだ振り込みがなく、無事に優出していたら。瓜生のモーターも節一クラスであったが、それと同等、もしくはそれ以上のモーターを駆る白井が優勝戦に乗っていた。それは瓜生にとって驚異だったはずである。その白井が準優で姿を消したことは、強い強い追い風となった。
 もうひとつ。
2007_0603__088  優勝戦6号艇の三嶌誠司が、進入で動いてくることは確実だった。瓜生は昨日の準優で、5号艇・湯川浩司の前付けインを許している。「後輩にインを奪われた」というスキを、勝負師・三嶌誠司はどう考えただろうか。前付けに行けば瓜生は入れる――そう考えていたとしても不思議ではない。そしてスタート展示で、三嶌は前付けに動いてきた。
 そこで、回り込んだ三嶌をブロックする形になったのが5号艇の原田幸哉だった。瓜生とは76期の同期。「瓜生くんとなんとかワンツーを決めたい」と言っていた原田にとって、黙っていれば6コースになる進入は考えられなかったのだろう。
 これにより、スタート展示の進入は1256/34。本番でも同じ隊形、原田が三嶌をブロックする形になれば、3・4コースは深くなっても、1・2コースは案外、楽な進入になる。これも瓜生にとっては追い風であった。
 そして本番。注目を集めたピットアウトは、スタート展示と同様になった。スタート展示よりも大きく回り込んできた三嶌を、原田が抑えた。インコースに瓜生、2コースに松井繁が入り、3・4コースに原田、そして三嶌。ダッシュ勢に田村隆信、濱野谷憲吾と並んで隊形が決まった。想定外のことは起こらず、すんなりイン戦となった瓜生。“無冠の天才”がついにSG制覇へ、追い風は吹きまくっていた。
 スタート。5カドからコンマ05で田村が飛び出したが、コンマ11の瓜生を筆頭に、内側勢は揃って艇を伸ばした。横一線でターンマークに向かう6艇。この時点で瓜生のイン逃げは揺るぎないものに見えた。
 ところが。
2007_0603__143 ここまで吹きまくった追い風は、突如逆風に変わった。スタート展示よりやや深めとなったインがそうさせたのか、ターンマークをわずかに外した瓜生。そのとき、朝の優出インタビューで「瓜生くんは出てます! ただしレースはわかりません!」と言っていた王者・松井が、そのスキを突いた。「出ている」瓜生のモーターは、差し切ったはずの松井に迫るも、有利な内側は松井が走っている。瓜生自身も「やっちゃったな……」と振り返った1周バック。完璧だった瓜生戴冠のシナリオは、わずか一瞬の綻びで崩れようとしていた。
 そこに、再び追い風が吹いた。
 松井、瓜生の4艇身ほど後方。最内から艇を伸ばしていたのは原田だった。「瓜生くんとなんとかワンツーを」。2マークを先取りして、さらに伸び返している瓜生が捌けばワンツーは完成する。原田は勝負に出た。そして、大逆転を果たした状況から負けわけにはいかない王者と大競りとなったところを、白いカポックが一気に差し抜けた。
 追い風なんて生やさしいものではなかった。住之江に神風が吹いた。
 瓜生正義、笹川賞優勝。SG優出10回目にして、SG初優勝が決まった瞬間だった。

_u4w8515  ピット帰還後、すぐにウィニングラン。そして優勝者表彰。慌ただしく動き回った瓜生が再びピットに戻ると、一緒に戦った原田、そして魚谷智之の同期生に、今村暢孝など福岡支部の仲間。そして兄貴分の上瀧和則が待ちかまえていた。SG初勝利の水神祭。瓜生は満面の笑顔で祝福を受けた瓜生、そして笑顔の仲間たち。天才の遅すぎたSG初優勝の儀式は、大きな幸せに包まれていた。

 最後に。
 2年前の賞金王チャレンジカップ(芦屋)にて、賞金王ボーダー上にいる瓜生を『特注選手』として追いかけた。そのチャレンジカップにて、他力(上瀧の優勝)ながら賞金王出場を決めた瓜生に対し、ガッツポーズの写真をお願いしたところ、瓜生はこう答えてくれた。
「いや、ガッツポーズはやめておきましょう。SGを勝ったときにします。そのときは必ずまた撮りに来てくださいね」
_u4w8553  チャレンジカップの最中に「この人にSGを勝ってもらいたい」と思って1年半。その間3回の優出を果たしながらも、優勝には届かなかった瓜生が、今回ついに優勝を飾った。そして、その約束を果たしてくれた。
 おめでとう。本当におめでとう、瓜生正義!(PHOTO=レース・中尾茂幸、水神祭&ガッツポーズ・池上一摩、TEXT=松本伸也)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/15302834
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません