この特集について
ボートレース特集 > 住之江に光ちゃん&モンスター登場!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

住之江に光ちゃん&モンスター登場!

Hg1u0024  刻一刻と優勝戦のピットアウトが近づいてくるメッカ・住之江に、“住之江賞男”がタッグで登場である。ひとりは地元の支持絶大のモンスター・野中和夫選手会長! そしてもうひとりは、“ミスターファン投票1位”今垣光太郎!! 夢のトークショーだ!

 会場の南入場門ステージには、主役の登場前から黒山の人だかりが。さらに、展示航走の終了(7R発売中に開催されました)と同時に、さらに詰めかける人、人、人。さすがモンスターに光ちゃんというスーパー人気タッグであります。
 そして主役登場後、最前列に陣取っていた今垣ファンが大歓声を挙げ、微笑む光ちゃんを見ながらモンスターがこんなひとこと。
「えー、(最前列のみなさんに)ここの方々は光太郎くんのファンですが、後ろにおられる方々は僕のファンのみなさんです(笑)」
 これには満場のファンも爆笑で、これでモンスターが一気にこのトークショーの主導権を握りました(笑)。
「僕は笹川賞6回優勝してまして、ファン投票1位で優勝したのも僕と……去年の山崎智也のふたりですね。で、光太郎くんは3回ファン投票1位になっているんですが、意外にも準優勝が最高なんですよね。まあ、ファン投票1位というのは責任重大でして、スタートなんかにしても控えてられないってのがあります。光太郎くんは責任感が強いですから、それがいい意味で抜けてきますとね、すぐポンポン勝てるようになりますよ、ええ」
Hg1u0005  立て板に水のモンスターに、タジタジの光ちゃん。なんとかマイクが回ってきて、「そうですね……」とひとこと発するだけで、お客さんは大歓声。「やっぱり住之江のファンのみなさんの声援はすごいですね……」と、ファン投票で出場が決まる笹川賞には強い思い入れを持つ光ちゃん、今年走れなかったことがやっぱり寂しそうでした。
 後半はファンのみなさんからの質問コーナー。整備の鬼・光ちゃんにはやはり整備の質問が相次ぎ、それにはモンスターも「これは光太郎くんに答えてもらいましょう。なにしろ彼は前検日から休むことなくモーターをバラす人ですからね」とバトンタッチ。『モーターの回り過ぎ』という現象を「プロペラは回転すればいいというものではなく、回り過ぎると空回りしているような状況で、伸びが弱くなったりします。ですから気温などを考えて、調整するんです」という懇切丁寧な解説には、質問したファンも笑顔。対してモンスターは、「優勝戦で瓜生と松井、どっちが勝つかで夫婦ゲンカ中です」という質問(?)に、「お互い好きなほうを買って、ケンカしないようにしてください(笑)」と見事な“野中裁き”を見せておりました。
 
 あっという間に時間となったこのトークショーでしたが、10R発売中にもう一回、今度は光ちゃん単独で登場する。
「次は光太郎くんひとりなんで、ようけしゃべります。みなさんお楽しみに。ハハハ」
 最後までモンスターの独壇場でしたが、ファンの大歓声に微笑みを浮かべて去った今垣光太郎なのでした。(PHOTO=中尾茂幸、TEXT=M)

Hg1u0040


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【笹川賞】ウリ年にウリ坊、イノシシに成長。 【ラリーズクラブ】
 競艇のメッカ住之江競艇場で行われたオールスター競艇SG笹川賞。SG10度目の優出で初の1号艇になった瓜生正義(76期3783)を取り巻く優勝戦はスタート展示同様、6号艇三嶌誠司の前付けに抵抗した5号艇原田幸哉(76期3779)が深い進入を阻止すべく動いて、原口がミシマさんを...... 続きを読む
受信: 2007/06/04 23:01:21
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません