この特集について
ボートレース特集 > 姫園の 焼け石を凍らせてみせます 予想
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

姫園の 焼け石を凍らせてみせます 予想

 とりあえず前半戦の予想は2Rと4Rが的中。とくに4Rの好配当が少点数取れたので、昨日までの焼け石も、ようやく手で握れるくらいに冷めてきました。後半戦の勝負レースは8R。ここに氷水を大量投下して、ズバッと取って石を凍らせたいですね。

7R
 吉川のイン逃げで仕方がない一戦。ただ、朝イチから慌しく試運転していたのは少し気になります。今日の気候が合わないのか、それとも何かを試しているのか……。(私は)次のレースが勝負レースだけに、賭ける額をやや控えて吉川アタマの舟券を買おうと考えています。相手は外3艇。3日目前半にしてすでにほぼ終戦をむかえてしまった、西村と橋本は切りで。
【3連単】1→456→456

8R 勝負レース!
 今シリーズの主役・金子をブッた斬ります。前節の浜名湖でフライングを切っている金子は、スタートを行くことができません。準優当確ランプが点ったここでは、さらにスタートが慎重になるはずです。「準優の好枠を狙って、当確後も行く」という考え方もあるでしょうが、金子のピット離れがあればたとえ準優が6枠になっても、ほぼインは取れる。つまり、ここでリスクをおかして行く必要はまったくないわけです。もしそこにダッシュ勢がスタートをブチこんできたら……? たとえスリット通過後に伸び返す金子といえども、あっさりとまくられます。
 もちろん、あっさりと金子が逃げ切るかもしれませんよ。でも、切って高配当を狙うのなら、ここしかないはずです。絶好のチャンスだと私は思っています。
【3連単】45→345→全

9R
 混戦。1号艇の吉岡はすでに終戦をむかえるくらいの足で、6号艇の杉山もかなり厳しい状況。徳増や山崎は今日の天候に足を合わせきれていないようであり、中村は終始低調。消去法でいくと、5号艇の松下しか残りませんでした。前半戦は敗れましたが、あれは展開がむかなかっただけ。カドが強引に攻めてくれれば――。
【3連単】5→全→全

10R
逃げる渡邉英児と、まくり差す草場康幸の一騎打ち。
【3連単】1=4→全

11R
ここも坪井と服部、地元SGウイナーの一騎打ち。ですが、ここに割って入る可能性のある選手が、3号艇の丸尾。ず~っとこだわっていますが、どうにかなるだけの足はあるはずなんですよ!
【3連単】134 BOX

12R
外の2艇に目がいきがちですが、ここは平石と佐々木の内枠2艇で決まり。濱野谷と吉川の熾烈な3着争いが見られそうな気がします。
【3連単】
1→2→56


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません