この特集について
ボートレース特集 > MB記念ファイナル・私的回顧
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

MB記念ファイナル・私的回顧

艇王のDNAを受け継ぐ甲子園侍

第53回MB記念優勝戦

①山本浩次(岡山)
②魚谷智之(兵庫)
③市川哲也(広島)
④池田浩二(愛知)
⑤笠原 亮(静岡)
⑥赤岩善生(愛知)

2007_0902_12r_0118  バック直線、黒いカポックが先頭に踊り出た。外から1号艇が追いすがる。届かない。1周2マークを豪快に先取りして、魚谷智之のSG2連覇が確定した。強い。強すぎる。
 進入は1236/45。スタート展示では6号艇の赤岩が強気に攻めてから回り直し、内3艇がやや深めの123/456だった。が、本番では池田と笠原がすんなりと赤岩にコースを譲って艇を引いた。山本の起こしは110m。インとしては申し分のない助走距離だ。
 それでも、山本はタイミングを逸した。「ナイターは苦手」と公言しているとおり、今節の夜戦での平均スタートは昨日までコンマ21。SGとしては、かなり遅い。苦手意識のなせる業か、それとも本当に大時計が見えにくいのか。山本はコンマ26という致命的なタイミングでスリットを通過した。
2007_0902_12r_0108  一方、5カド池田はコンマ09。単純に山本と比較するなら1艇身以上の大差だ。しかもダッシュによる加速の利もある。スリットを過ぎてすぐにマクリ態勢に入った池田だが、それをイビツな隊形が遮蔽した。内から山本26、魚谷17、市川14、赤岩14、そして池田が09。この段々畑のような肩上がりの隊形からマクリ切るのは至難の業なのだ。それに、池田の伸びがイマイチだったのも災いする。すぐに赤岩が伸び返して行く手を阻む。その内から市川が、その内から魚谷が……赤岩の舳先から抜け出せないうちに、池田は行き場を失った。軽い玉突き状態だ。
 そして、この隊形は出遅れたイン選手にとっては不幸中の幸い、伸び返しやすい隊形でもある。センター勢が揉み合っているうちに、ドカ遅れに近かった山本が息を吹き返してゆく。元より伸びは節イチ級。展示タイムでも時計ひとつ違うパワーが他艇を威圧する。スリットで半艇身以上も覗いていた魚谷は、山本をマクるつもりだったという。
「迷いました。一瞬、マクリに行こうと思ったんですけど、身体が勝手に反応してくれました。差しで正解でしたね」
 確かに、山本の恐るべき伸び返しを考えると、魚谷がマクれば共倒れまでありえただろう。ただ、差しに回れば別のリスクが発生する。息を吹き返した山本の先マイ逃走。これを許す可能性が高まるのだ。
2007_0902_12r_0131  山本は一目散に1マークを先取りした。市川のマクリを蹴散らしながら。伸びだけでなく、回ってからのレース足も抜群なのだ。差しに回った以上、魚谷はその超抜パワーを尻目にただひたすら自分のレースに徹するしかない。1周バックは完全なパワー比べになった。
 そして、魚谷はその一騎打ちを制した。1マークからすでに有利な態勢ではあったが、山本に負けない原子力が彼の背中を強く激しく後押しした。
「オーシャンカップではスタートからドキドキして(コンマ00のタッチS)複雑な気持ちで走ってました。スタートから確信を持って全速で行けた今回は、あの時よりメチャクチャ嬉しいです!」
 SGに出るたび、SGに勝つたび、あどけない童顔が精悍になってゆく。走るたびに経験を自信に変えて、その小柄な体躯に蓄積している。レース後、記者席のあちこちで漏れた言葉は異口同音。「強い」の一語だった。実際、強いとしか表現できない勝ち方だった。マクリから差しへ方針変更してから、初動に入る速さ、角度、タイミング……2コース差しが難しいと言われる蒲郡で、魚谷は準優と優勝戦とを完璧な2コース差しで制した。その勝ちっぷりに「強い」以外のどんな表現を授ければいいのか。

2007_0902_12r_0147  あるいはこの男が、かつて圧倒的な強さで艇界を統一し、「艇王」と呼ばれた英雄の後継者になるのか……そんな思いを抱かせる完璧無比な強さだった。
 今年の競艇甲子園は『水上の侍~松井、山崎、濱野谷、原田、辻、今垣~』が無残に散り、甲子園がある兵庫の若武者が頂点に立った。覇者の次なる目標は、野中、西島を越えるSG4連覇、そして艇界初の3億円レーサーか。(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
競艇SGモーターボート記念、優勝は魚谷智之選手 【おでぶのお気楽日記】
昨日、競艇SGモーターボート記念の優勝戦が蒲郡競艇場で行われました。 1号艇 山本浩次(岡山) 2号艇 魚谷智之(兵庫) 3号艇 市川哲也(広島) 4号艇 池田浩二(愛知) 5号艇 笠原 亮(静岡) 6号艇 赤岩善生(愛知) というメンバーでした。 皆、SG覇者ではあ..... 続きを読む
受信: 2007/09/03 13:01:59
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません