この特集について
ボートレース特集 > 艇王、平和島へ登場!――最終日のイベント
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

艇王、平和島へ登場!――最終日のイベント

 伝統の競艇ダービー、優勝戦はもう間もなく。だんだんと興奮が高まる平和島に、あの人が帰ってきました! 艇王・植木通彦さん!!

Sany0910_2  7R、8R発売中に行なわれた『植木通彦氏 メモリアルトークライブ』。最近、各競艇場のビッグレース時にはすっかりおなじみとなった植木さんの登場。期待通り、平和島はダービーでの実現と相成りました。
 優出インタビューにも負けない大勢のファンが詰めかけたイベント広場にて、大拍手とともに迎えられた植木さん。「いつぞやは……」と、今年3月の総理大臣杯での優勝戦Fを思い出される開口一番に、場内は笑い声とともに再び大拍手が。そんなファンのみなさんの目は一様にキラキラと輝いております。やっぱり、みなさん偉大な艇王が大好きなのですね。

Sn1_6034←こちらは優勝戦終了後、浪花のドン・長嶺豊さんと言葉を交わす艇王・植木さん

 さて、トークは選手時代の話はそこそこに、司会の松岡アナの軽妙な仕切りによって、植木さんの引退後の生活模様へ。
植「現役時代はあまりなかったんですけど、子供たちがいないときとか、妻とふたりでごはんを食べることが多くなりましてね」
――ほう。
植「なに話せばいいのかなあって、たまに考えてしまうんですよ(場内爆笑)」
――それはですね、たぶん奥さまは「鬱陶しいわね」とか思ってますよ。
植「……ええっ!? そうなんですかね(焦)」
――そんなことはないと思いますから、ご安心ください(笑)。
植「ですよねえ(場内爆笑)」

 あまりに意外な艇王像にみなさん大ウケ。さらに……
――最近はいろいろなところに行かれているそうで、先日もイギリスに行っておられたんですよね。
植「そうですね」
――今後、行ってみたいところとか、ありますか。
植「そうですね……大森とかねえ」
――おっ、大森!?(←もちろん平和島の最寄り駅です)
植「いや、僕も平和島には何度も来ていますけど、大森のほうってまったく行ったことがないんですよね。大森駅とかも行ったことがないし……」
――なるほど、平和島に限らず、どこの競艇場も空港から競艇場の往復のようなもんですしねえ。
植「そうそう。だから、平和島の近所の美味しいお店とか、お酒を飲むようなお店ってまったく知らないんです。だからね、そこらを探索したいなあ、って。そこで見付けたら、みなさん声かけてくださいよ(笑)」
――そのときは当然おごっていただけるということでいいですね。貯め込んでるわけですし(笑)。
植「アハハハ! ええ、その人の分は僕が払いますよ(場内大歓声)」

 みなさん、ぜひ競艇場近くで艇王を見かけたら、ぜひ声をかけましょう!

 艇王の意外な一面が見られた笑い声が絶えないトークショー。退場時には、みな艇王に手を振ってのお別れ……。
 まだまだみんなが愛してやまない。その人こそ艇王・植木通彦さんなのであります。(PHOTO=中尾茂幸<長嶺さん&植木さん>、M<それ以外の2枚>&TEXT=M) 

Sany0896←カラーボール投げにより色紙のプレゼントも行なわれました!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/16698044
競艇 植木 引退 【競艇 最新口コミ噂情報】
競艇予想ソフトZenith 競艇予想 本当に簡単でした。         インターネットで今どこでレースを開催しているかしらべて開催中のレース場の情報を入力するだけで自動で予想してくれるのです。あとは舟券を買っ... 続きを読む
受信: 2007/10/18 5:22:48
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません