この特集について
ボートレース特集 > 毎日!パイレーツ!!その①――2日目のイベント
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

毎日!パイレーツ!!その①――2日目のイベント

 熊谷直樹をヘッド格に濱野谷憲吾、阿波勝哉、角谷健吾、齊藤仁……東京支部のイカす男たちが、“平和島から全国制覇へ”を合い言葉に発足させたユニット、それが『トーキョーベイパイレーツ』。5月の発足直後から話題騒然のこのユニット、 当然、今節にもメンバーの多数参戦が期待されていたが……まさかまさかの参戦なし! メンバーたちはもちろんのこと、ファンも勇姿が見られずガッカリ……ということで、このダービーではメンバーによるトークショーが連日組まれることとなったのでした。

Sn1_5659  そんな“毎日がパイレーツ”の初日に登場は、選手会東京支部長・池田雷太と“ミスターチルト3・アワカツ!”阿波勝哉のコンビ! 4R発売中、指定席特設会場に登場すると、集まったファンは大拍手。それを聞きつけたお客さんが会場のほうを振り返ると、池田雷太が笑顔で手招き。東京支部長に手招きされるなんて経験はかなり貴重ですよ、お客さん!(笑)
「トークショーは苦手です(笑)」とアワカツは照れ笑い。なのでここは年の功(失礼!)・池田雷太がトークをリード。「(パイレーツ発足から)5カ月ほど経ったわけですが、いい意味でも悪い意味でもとても注目されているのを感じますね。悪い意味? いやあ、Fとか事故が多いこと多いこと(笑)。アワカツもいま“秋休み”の真っ最中ですしねえ」と、このダービー参戦ゼロの遠因をネタにして笑わせます。それに続けて「ただ、注目されたおかげだと思うんですが、パイレーツだけでなく、東京支部全体がいい雰囲気になっているんですよ」と、今度は東京支部長としてコメント。パイレーツだけでなく、地元選手全員が気になる東京ファンも、それを聞いて一安心、というところでした。
 
 近況の話となり、チルト3をチョイスする選手が増えてきている現状を聞かれると、「みなさんに負けないようにしないといけませんね」とキリッとした表情で返したアワカツ。それを聞いて「でも、彼はスペシャリストですから(大丈夫)」と笑顔で支部長がフォロー。「僕も先日、アワカツに見てもらったプロペラを使って、多摩川でチルト3にしたんですよ。でも、日頃から使ってないですから、たとえばターンの前とか、どこまで併走相手に付き合っていいのか……勝手が違うんです。その点、彼は毎回やっているわけですからね」との解説にはファンもしっかり納得。アワカツも照れながら支部長の解説に頷いておりました。

Sn1_5662  最後に「応援よろしくお願いします!」と締めた直後、「お~い池田! お前、もっと阿波みたいにスタート行かんか。いくら損させられたと思ってるんじゃ!!」というヤジに、思わず耳を塞ぎつつ笑顔の池田。当のファンももちろん笑顔で、詰めかけたファンみんなで爆笑。愛のあるヤジも炸裂し、最後まで盛り上がったトークショーでした。

 さて、このトークショーは6R、7R発売中にはイベント広場でも開催されます。さらにゲストとして青木宣篤(モトGPライダー)&青木治親(オートレーサー)の青木兄弟も登場! 間に合う人はイベント広場へGO!
(PHOTO=中尾茂幸、M<下3枚> TEXT=M)

Sany0859_2 6R、7R発売中には、オートレーサーの青木治親(右)と、スズキのモトGPライダーである青木宣篤の兄弟が特別ゲストとして登場!(ちなみに今節はHONDAが協賛しております)

Sany0833 オートレースのバイクにまたがる池田雷太。「やっぱり普通のバイクとは違いますね」

Sany0840 鈴鹿8耐で使用されたバイクにまたがるアワカツに「阿波ちゃん、それもチルト3度にせにゃ」という声援(?)が

※明日のパイレーツは“オカシラ”が登場! “北海のシロクマ”がやってくるぞ!


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
【吉川元浩3着2本】平和島SG全日本選手権2日目【タッチ連発】 【ラリーズクラブ】
 本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第1弾として池田雷太&阿波勝哉with青木宣篤&青木治親トークライブがあった平和島SG全日本選手権2日目。ちなみに青木兄弟を合体させた名前の青木宣親は青木兄弟と無関係です。  競走水面、予選第3Rを開始します。こ...... 続きを読む
受信: 2007/10/05 1:17:28
コメント

いくつかこちらの記事について訂正して頂きたいと思います。
まずMotoGPはオートバイの世界選手権なので
ドライバーではなくライダーと表記されるのが通常です。
そして青木宣篤選手はホンダではなくスズキのMotoGP開発ライダーであり、フル参戦しているライダーではありません。
最後に展示されていたバイクはMotoGP仕様ではなく
写真の通り鈴鹿8耐で使用されたものです。

以上の事について訂正して頂く様お願い致します。

投稿者: まこと (2007/10/05 1:32:41)

まこと様

ご指摘いただきまして、ありがとうございました。
訂正のうえお詫び申し上げます。

投稿者: 平和島取材班 (2007/10/05 9:36:18)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません